<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [9]
  • 用語の多用

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 1月 8日(日)22時22分46秒
  • 返信
 
https://twitter.com/sekibunnteisuu/status/816941680054005761
>概念を理解することと用語を覚えることは別なんだけど、小学校でも「かける数・かけられる数」やら、「仮分数」「帯分数」「真分数」やら出てきますね。教科書に書いてあると「覚えるべき用語」とみなされるのが怖い。

言葉を思考の中核と考え、言葉を重要視している人達がいると思っています。
 概念と言葉をセットにように考える人。
 まず言葉を使い、概念は後から付いてくればいいと考えている人。(はじきを推奨するのも同様の考えかも)
 概念を考えたら、コミュニケーションの為に言葉にする必要があると考える人。
 言葉にしないと考えを纏められない人。
 言葉が使えるかで理解度を判断する人。
 言葉を覚える努力を評価する人。
等々・・・

新しい言葉を使うと、知的になった気がしたり、理解している気になったりする効果もありそうです。
同じ言葉を使っていても、人によってイメージが違うのは当然なのを理解しているのか不安になる事もあります。


>用語の使用は必要不可欠な最小限にすべき。

言葉に対する認識の違いが大きいですし、用語を多用するデメリットを考慮しない人達が数多くいると思われます。
個人的には、これも教育界wの大きな問題だと思っています。