投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [8]
  • Re: 言語能力の向上に関する特別チーム(第5回)

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2016年10月29日(土)08時10分40秒
  • 返信
 
>>6

とにかく「言語能力」ということで、言語を過大評価しているように思えます。

彼らは、頭では理解しているけどそれを言葉に出来ないもどかしさとか経験したことがないのでしょうか?

教えていると、「この生徒は理解しているな」とこちらが分かるけど、「説明してみて」というとうまく出来ないことはざらです。もちろん他人に説明できることは重要ですが、説明できることは理解することの必要条件ではありません。

一方で、難しい言葉を使って説明らしきものはするけど理解が頓珍漢なケースも多々あります。

私は、数学にしろ他にしろ、思考を外と遮断して自問自答したりすることで理解が深まると考えています。それだけでは妄想になりかねませんが。

 言語というのは、外との交渉であり、ここが異様に強調されることで、深く考えることがおろそかにならないかと心配です。

 例えば「説明する力」がもとめられ、「自分の考えを説明せよ」ということになったら、説明しやすい考えしかしなくなるかもしれません。

 授業でやった解法や公式(往々にしてこれらは名前がついている)を使うなら、「なんとかの公式で」で済むけど、自分なりに考えた方法だと説明するのに苦労するとなれば、公式や解法を使う方を選ぶことになる。

 本を読むたびに読書感想文を書くことを要求されたら、読みたい本ではなくて感想文を書きやすい本を読むことになる。