投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [15]
  • 過剰情報を含む算数文章題

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2019年 3月 2日(土)21時36分34秒
  • 返信
 
教員紹介 | 保育学科 | 小田原短期大学 通信教育課程
https://tsushin.odawara.ac.jp/school/staff.html
■末松加奈 ■担当科目:教育の方法と技術
研究業績
https://tsushin.odawara.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00006983.pdf&n=2018%E6%9C%AB%E6%9D%BE%E5%8A%A0%E5%A5%88.pdf

2.過剰情報を含む算数文章題の誤りに関する一考察

>小学校 1 年生児童を対象とし、過剰情報を含む算数文章題に対する児童の誤りの原因と指導法との関係について調査した。その結果、児童は幼児期を通して発達させた数概念を用い、数字や立式を伴わない状況下で問題に正答した。一方で、正しい場面理解を立式に適用することなく、授業で学んだ方略を暗記再生的に使用し立式を行うことが過剰情報を含む文章題の誤りの原因であることが示唆された。(査読あり)


過剰情報に関する他の文献も参照しましたが、過剰情報を含む算数文章題は、文科省の主導する「言語能力の向上」に貢献するのではないでしょうか。
過剰情報に批判的な声も聞こえますが、正答率が下がるのを危惧しているだけのように感じます。(教師の評価が下がるのを嫌っているだけ?)
これでは、読解力が身に付かないまま先に進もうとしているようにしか思えません。

論文は参照していませんが、小学校1年生でも過剰情報を含む算数文章題に正答する生徒はいるようですし、誤答する生徒は立式に拘っているように見受けられます。