投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [57]
  • 教え忘れていること

  • 投稿者:まー
  • 投稿日:2017年11月23日(木)13時14分10秒
  • 返信
 
かけ算を
「一つ分」×「いくつ分」=「全部の数」
で導入した後に,かけられる数,かける数の対称性をゆっくりでも確実に教えないと,高学年での割合や,比の計算に支障が出ます。
これを,かけ算にはいくつもの種類があるとして,問題によって,かけ算の種類を選ばせる教育をしたら,これは,数学的な活動とは,真逆の行為です。

低学年では,かけ算の対称性を九九で教え,問題文によってかけられる数とかける数を入れ替えても,それは適切なことを教師が納得させることです。
これを,「一つ分」が何かを認識させるために,本来数学的に正しいはずの立式に×を与えることは,完全に誤った指導といわざるをえません。
高学年になり,分数が導入された後に,じっくり一つ分の教育を行うべきです。