<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [39]
  • 東京新聞・中日新聞記事でのコメントへの補足 その0

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年10月 2日(月)14時42分49秒
  • 返信
 
東京新聞 2017年7月10日付け朝刊   中日新聞  2017年7月13日付け朝刊
に以下のような記事が掲載された。

http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=472992&comment_sub_id=0&category_id=116&from=news&category_list=116 (中日新聞サイトより)
-----------------------------------------------------------------------------------------------
掛け算の順序、学び始めに必要? 新指導要領で論争再燃

2017/7/13 朝刊

次期学習指導要領の下での教科書作成を考えるセミナー=昨年9月、文科省で
 小学2年生で教わる「掛け算」。5×4も4×5も答えが同じ20になるのは、大人なら常識だ。しかし、学び始めの指導法によっては「式に順序がある」と教えられ、5×4は「○(まる)」でも4×5は「×(バツ)」になることがあるという。戦後、数学者、教育関係者らの間で論争が行われてきたこの問題が、再燃し始めている。2020年度からの新学習指導要領の解説書に、掛け算の順序を肯定するかのような記述が盛り込まれたためだ。順序否定派からは「算数嫌いの子どもを増やしかねない」と反発の声が上がっている。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

ネットで公開されているのはここまで。


この記事に私のコメントが掲載されている。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
 一方、静岡県三島市の学習塾「大場数理学院」代表の西沢宏明氏は「解説でも書かれているように、この例題は4個が5回分と捉えることができ、1つ分×幾つ分の順序でも、5×4、4×5のどちらも正しい。1つ分と幾つ分の区別も、掛け算の順序も意味がないことになる。でも、これが重要で面白いところ。抽象化して捉えることこそが算数を学ぶ意義なのに、この指導では、それが適切に学べない」と強く反発する。
 さらに、西沢氏は「こういう指導だと将来的に『問題を見て、解法のパターンに当てはめて解答しようとする』悪い癖がついてしまう」と指摘する。文科省の問題例について「掛け算でなく足し算で求めてもいいし、みかんを一つずつ数えて解答してもいい。掛け算で順序を求められると、算数は『決められた手順を使って解かないといけない』ものだと思い込み、理解を阻む」と批判する。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

私の考えは要約されているとは思うが、短いので真意が十分に伝わらないかも知れない。以下、私の考えをもう少し詳しく述べる。