投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [23]
  • 2次関数の接線を判別式で求めて何が悪い!?

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2016年 7月 7日(木)10時32分45秒
  • 編集済
  • 返信
 
2次関数の接線を判別式で求めて減点された事例がツイッターで流れていた。
微分の授業が終わった後のテストらしいが、微分で解くように、という指定はない。

減点の理由は「3次だと使えないから」というもの。

実際の問題は2次なんだから2次にしか使えない方法を使っても何も問題ない。3次がどうこういうのなら、3次の問題を出せばいいだけ。

この採点は、このブログ主の考えとも近い。
http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-4766.html

どちらもくだらない駄目な教え方である。


さらに3次式で通用しない、というのも誤り。

むしろ、「なるほど微分を使わないでもこれで出来るが、3次以上ではどうだろうか?」と授業を膨らませる絶好のチャンスですらある。

で、x^nのnが自然数や負数、有理数まで拡張できるのか?となると面白いことになる。


「こういう方法で解いてほしい」と思ったら、その方法で解かざるを得ないような問題を出すのは出題者の義務。
問題を解く側は出題者の意図を忖度することなくとにかく出された問題を解けばいいだけ。
自分が解いてほしい解法と違うからと減点するのは言語道断。

http://