投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [19]
  • 概念の潜在的理解

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2016年 5月11日(水)22時20分24秒
  • 編集済
  • 返信
 
2/3個で100gだと1個での重さは?これを100÷2×3と解く子は、分数の割合の概念を潜在的に理解できている。

「1人3個のあめ玉を集めたら12個になった。何人があめ玉を持ってきたのか」を、3×4=12と解く子は、割り算や方程式の概念を潜在的に理解してる。

3を5つ足した数と3を4つ足した数を足すと、3を9つ足した数と同じである、と理解している子は、掛け算を習っていなくて乗法の演算記号「×」を知らなくても、潜在的に分配法則を理解している。


f(x、y)が最小値を取る(x、y)は、xで微分して0、yで微分して0となる(x、y)を求めればいい、と考えている人は、偏微分と言う言葉や∂という記号を知らなくて、偏微分の概念を潜在的に理解している。高校時代の私がそうだった。


 教える側は、このような概念の潜在的な理解というのがありえることを認識すべきである。

 用語や記号は概念の理解の本質でもなければ、理解しているかどうかの指標にもならない。

 用語や記号を使わなくても理解している場合もあるし、使っても理解していないということもある。

 潜在的理解していたら、形式・慣習などを教えるのはさほど手間はかからない。