<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [10]
  • Re: 東京書籍 2下 指導書

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2015年12月13日(日)14時09分57秒
  • 返信
 
>>9
> 東京書籍 2下 教師用指導書・指導編(朱註) です。
>
> (問) 1m 80円 です。2.3m だと何円になりますか?
>
> 「80円 が 2.3個」は不可。「長さが 2.3倍になったから、金額も 2.3倍。」が正しい考え方。ということみたいですね。
>
> 比例と乗除算の関係を説明する用語として「倍」という言葉を教え込む必要あり、ということなんですかねぇ…
>

算数教育界の人たちが馬鹿だな~と思うのは、概念を習得するかどうかと特定の用語を使うかどうかは別の話なのに、「この言葉を使ったから理解している」「使わなかったから理解していない」と思っているらしいということ。

言葉は概念に張り付いたラベルに過ぎないというのが分かっていないようだ。

2.3個と表現しようが、2.3倍と表現しようが、そんなこと本質的なことではないのに。