投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [2]
  • 正田良 氏

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2015年 8月20日(木)09時05分51秒
  • 編集済
  • 返信
 
学校図書 著者 おなじみの名前や何処かで聞いた名前がありますね。
このスレではいろいろ情報交換していけばいいかな?

正田良氏は国士舘大学教授
http://research-db.kokushikan.ac.jp/kouhp/KgApp?kyoinId=ygggyyyyyoe

所属は 文学部 教育学科 初等教育専攻

朝日新聞「2×8だと2本足のタコ8匹」の花まる先生の記事をAO入試に使ったところです。
http://8254.teacup.com/kakezannojunjo/bbs/t21/1502


国士舘というと私なんか右よりなイメージを持っているのですが、なぜか数教協の機関紙「数学教室」(現在は休刊)の画像がアップされています。

http://homepage.kokushikan.ac.jp/rio/user/kks_rio/memo/fraction/kakezan.pdf
倍だの積だのグダグダやっているところに、賢い子供が「王様は裸だ!」と叫んだ(我々から見たら)痛快な話

これをアップしたのが正田良氏かどうかは分からないが、正田良氏は「数学教室」に文章を掲載したことがあるようだ。
http://www.kokudosha.co.jp/magazine/info.php?isbn=4910054211214
数学教室 2011年12月号
>概算のむずかしさ……正田 良


これを読むと正田良氏が銀林浩氏のへんてこな理論に影響を受けていることが分かります。
http://kks-el01.sakura.ne.jp/ar09/Rooms/MATH6.pdf#page71
-------------------------------------------------------------------------
微積分を局所正比例として、乗法・除法の拡張ととらえる立場から、量について
次のような分類がなされています。ある点での強さをあらわす「内包量」と、考察
する範囲の大きさを示す「外延量」との積によって、考察する範囲全体が持つ「外
延量」があらわされます。ある点とは、時間的流れの中での「点」であったり、空
間的な点であったりするので、内包量は、

   存在型 位差型
空間 密度  勾配
時間 流量  速度

などと分類することができますが、何が存在するのか、何の差を考えるのかによっ
て量にはかなりのレパートリーがあることになります。
-------------------------------------------------------------------------


数教協と、ある程度(どの程度かは分からない)かかわりがある人のようです。そういう人が教科書の著者になっているというのは稀有な例だと思います。


http://homepage.kokushikan.ac.jp/rio/user/kks_rio/rireki/rireki.html
>日本数学教育学会主催 全国算数・数学教育研究大会(長野)分科会助言者


算数教育界主流派ともかかわりがあるようですね。