投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [70]
  • 岡山大学算数・数学教育学会

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2014年 3月19日(水)09時04分37秒
  • 返信
 
http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/51497
算数的活動の内面化の過程を大切にした算数の授業 ―1年「たし算(1)」の指導を通して―

p9
>T 今日は3つのお話を式にかいたけど, どんなことが分かったかな。
C ブロックを片方動かしてもたし算になることが分かりました。
C ブロックを右側だけ動かしてもたし算になります

p10
>頭の中で確かなイメー ジができた子 どもた ちは,次時に扱 った 2+1や 5+1な どの数式をみて答えを考える活動で数 図ブロックを使 わな くても答えを見いだすことができるようになった

p10
>4 研究のまとめ このように,増加の場面でもたし算の式で表せるこをつかみ,数図ブロックを動かして考える 「行動的思考」段階から,動かしたことをイメージしながら考える「映像的思考」 段階に高まったといえる。


子どもたちは、最初は、増加と合併がどちらも足し算になることが分からなかったのだろうか?ブロックを使わないと理解できなかったのだろうか?