投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [66]
  • 「合併」と「増加」 のそれぞれの場面に合ったブロックの操作のしかた

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2013年10月15日(火)21時35分14秒
  • 返信
 
http://www.aes.akita-u.ac.jp/koukai/h22_koukai/sidoan/1Csansu.pdf
>加法の学習では,「合併」と「増加」のそれぞれの場面に合ったブロックの操作のしかたを考えたり,その共通点や相違点について考えたりしてきた。ブロック操作については,「合併」は「りょうてでがっしゃん」,「増加」は「かたてでがっしゃん」と自分たちの言葉で表現し,「どちらもがっしゃんとくっつく」「りょうてでいっしょにあわせるのと,かたてであとからいれるのがちがう」と,その共通点や相違点について話し合うことができた。ブロック操作を行い,それぞれの場面について話し合うことで,形式的処理として「計算ができる」ということだけでなく,「なぜそうなるのか」を考え,加法の意味理解を図ることができた。