投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [49]
  • 算数教育って、根本的におかしくなっていると思う

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2012年12月28日(金)07時48分58秒
  • 編集済
  • 返信
 
以下で使う「理解できる」は、同意するという意味ではなくて、「そのような現象が起きることはあり得るとわかる」という意味。


「みはじ・はじき」「くもわ」は教え方レベルの話。「理屈を理解してなんて言ってられない現実があるんだ」とかいうのも、同意しないけど、理解は出来る。

「正方形は長方形でない」も、そう勘違いする教師がいるのだろう、ということで理解は出来る。

ところが、「かけ算の順序」論争では、そもそも理解できない主張に出会う。

「我々(順序拘り派)は考え方を大切にしている。あなた方(順序否定派)は計算さえ出来ればいいと思っている。」

??????

この倒錯は何なんだろうか?

「みはじ」擁護論者は、それが考え方重視ではないことを自覚して「そうはいっても現実には・・・」と主張する訳で、まだ議論はかみ合う余地がある。