投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [30]
  • そもそも英語だとそんなに違わない

  • 投稿者:げお
  • 投稿日:2013年 7月20日(土)23時05分8秒
  • 返信
 
普通の分数 a/b を a over b と読むので、dy/dx を普通の分数と思って読むと dy over dx、微分のときの読み方の一つとして dy dx とするのは途中の over を省略しただけに過ぎません。その意味じゃ大したことをしているわけではなく、「(普通の)微分とはちょっと違うから、読み方もちょっと変えてみた」くらいの感覚なのではないでしょうか(これは、こちらの勝手な想像ですが。)
さらに暴走してこの考え方を敷衍すれば、微分であることを強調するにはdx分のdyで「分の」を省略して dx dy と読めばよいという主張もそれなりに合理性を持ってしまいます。
とはいえ、「普通の分数とはちょっと違う」はずのものを「分数とは違う」と言い切って平気な顔ができる感覚は、あまり誉められたものではないとは思いますが。

ちなみに相対性理論についてhttp://sentan.kek.jp/glossary/j026.html の最後にあるような逸話もあるようです(Wikipedia にもありますが、こっちのほうがもっともらしそうなので)。「相対論」としてしまうことに微妙に関係してるかもしれません。