<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [873]
  • 「子どもの発達段階に応じて」というキーフレーズの背景についてもっと知る必要があると思う

  • 投稿者:くろきげん
  • 投稿日:2012年10月 8日(月)19時56分31秒
  • 編集済
  • 返信
 
問題提起。

ぼくはよく掛順こだわり教育の3つの重要フレーズとして、

(1) かけ算の意味
(2) 文章題での立式
(3) 子どもの発達段階に応じて

の3つを挙げることにしています。

個人的に「掛算の意味」や「文章題での立式」という言い方が出て来る背景については
教科書指導書などとの関連で、かなり事情がはっきりしている感じがしますが、
「子どもの発達段階に応じて」についてはまだ事情がよくわかっていないと思います。

おそらく、最後の「子どもの発達段階に応じて」という言い方と
「子どもが混乱する」とか「出来ない子どものために」という言い方は関係していると思う。
他にも関係している言い方がたくさんあるはず。
それらについてみんなでよってたかって調べましょう!

ちなみに Google でダブルクォーテーションマークで囲んだ
"子どもの発達段階に応じて" を検索すると 約 147,000 件 もヒット!!
このことから "子どもの発達段階に応じて" は明らかに決まり切ったフレーズに
なっていることがわかります。

ぼくは教育関連の決まり切ったフレーズが使われているケースはそれだけで
黄色信号が点滅していると思った方が良いと思います。
決まり切ったフレーズを多用している教育関係者は自分の言葉で語っていない可能性大。