• [0]
  • 単位量あたりの大きさ

  • 投稿者:積分定数
 
「単位量あたりの大きさ」という単元があって、指導要領で変動があるが、5年か6年で教えることになっている。

これもいろいろあるようで・・・

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [3]
  • 公倍数より単位量あたりの方が便利だというのだが・・・

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 2月 4日(土)22時52分47秒
  • 返信
 
宮城県総合教育センター
http://www.edu-c.pref.miyagi.jp/longres/H22_A/pdf/jugyou/jugyou-03.pdf
>最小公倍数と単位量当たりの大きさを用いた解決方法を取り上げるが,具体的な数値を用いて考えることを通して,後者の方が能率的に比べられることをとらえさせる。


はなまるサポート
http://www.djn.co.jp/support/special/point/docs/2012/9/2/plan.pdf
>このように一方をそろえて比べる仕方には,任意単位の取り方が様々あります。しかし,比較する対象が多く任意単位を公倍数などで求めにくい場合などが多いことから,「1○○」当たりを求めて比較することが多いのです。


指導案
http://www1.iwate-ed.jp/db/db2/sid_data/es/sansu/essa_2011/essa_2011506.pdf
>、多くの資料を一度に比較するなどして、単位量当たりの考えがより一般性の高い考えであるということを実感をもって身につけさせたい。
 指導において、公倍数の考えを扱い、単位量当たりの考えと対比することにより、単位量当たりの考えのよさをよく理解できるようにさせたい。



数値によりけりじゃないの?慣習上も単位量あたりだけではないものもある。

肉は100gあたりの価格で表示されているし、「人口10万人あたり」というのもありがち。

  • [2]
  • 片桐重男 算数指導のヒケツ 1990年 明治図書

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 1月28日(土)18時59分51秒
  • 編集済
  • 返信
 
https://drive.google.com/file/d/0B36sWiujvZ3gY0VHNHBIdjRPZkk/view

p47
>速さを比べる問題を出したところ、素直に公式を用いるのではなく、距離や時間の公倍数を求めて比べる方法に固執する様子がかなり見られました。(中略)どこに問題があったのでしょうか


児童たちは優秀だと思うのだが・・・


回答の方は

>ほとんど一方的に単位量あたりの量を求めるやり方を使うように指示していますが、これではいけません。児童がその考えのよさに気づくような指導が必要です。



やっぱりどうしても、単位量あたり に持って行きたいらしい。

  • [1]
  • NHK さんすう刑事ゼロ 

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 1月28日(土)17時34分8秒
  • 返信
 
価格の“からくり”をあばけ ~単位量あたりの大きさ~
http://www.nhk.or.jp/sansuu/keiji/?das_id=D0005160029_00000


5本で12000円 10本で21000円

どちらが割安かを、1本あたりを計算して求めている。10本で比較した方が楽なのに
http://www.nhk.or.jp/sansuu/keiji/shiryou/pdf/2013_009_02_chart.pdf


ペットボトルのコーヒー
400mL で 80円
300ml で 75円

これも、1mLの価格で比較しているが、100mLの方が計算しやすい。


レンタル掲示板