• [0]
  • 指導要領に付随する出版物の研究

  • 投稿者:積分定数
 
 学習指導要領および解説は、文科省が公式に出しているものであるが、これとは別に、民間の出版社が、指導要領を補完するような体裁で出版物を出している場合がある。

 文科省はこれらに関しては「関知しない」という立場ではあるが、著者・編者に指導要領策定に関わった人が名を連ねているなどしていて、

 教育現場ではそれなりに権威をもったものとして受け止められている可能性もある。

 これについて調べてみる。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [2]
  • 論説 式表示の指導について……加地 義夫

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2013年12月28日(土)12時08分54秒
  • 編集済
  • 返信
 
この本は、新算数教育研究会の機関誌「新しい算数研究」の記事から、テーマに沿ったものを抜粋編集してある。時代背景が今と異なることもあるので、この本に載っている、その記事が「新しい算数研究」に掲載された時期を記すことにする。

見やすさのために適宜改行するなどしている。(今後も同様)

1972年6月号(No.15)
論説 式表示の指導について……加地 義夫  から
----------------------------------------------------------------
「数学的な文章」としての式表示の指導

1.式表示指導上の問題点


(1) 答えがわかったら式はいらないと考える.

① 1年生の授業で、「おとこのこが5にん、おんなのこが8にんいます。こどもはみんなでなんにんでしょう」というのに対して、児童はすぐ「13人」と答えを出してしまい、式を書こうとしない。

② 3年生の授業で、「12円のノート2さつと、12円の色えんぴつを1本買ったら、36円でした」という文を式に書かせると、児童は答えが出ているので、どう書いたらよいのか、困って書けない。


(2) 式は、わかっている数量だけを使って書くという考えが出来ていない。

○2年生の授業で、「きょうしつに、こどもが4人いました。つぎつぎとはいってきたので11人になりました。はいってきたのはなん人でしょう」というのに対して、11-4=7とすべきところを、4+7=11として、答えを7人とする。


(3) 未知の数量を既知数量と同等とみて、関係を式に表すという考えが出来ない。

○5年生の授業で、「長さ16mのひもを使って長方形の形をかこみます。たての長さを3mにすると、横の長さは何mになるでしょう」というのに対して、xを使って立式させると、16÷2-3=xと書く。

 以上のような問題点は、要するに児童が「式は計算のしかたを示すもの、答えを求めるためのもの」と考えていることを示している。その原因は、恐らく教師が式をそのように考えているからであろう。
 「式は数学的な文章である」という認識を、まず教師がしっかりともつことが、新しい式指導の根本であると思われる。
----------------------------------------------------------------



  • [1]
  • 数量関係 リーディングス新しい算数研究 五

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2013年12月28日(土)11時36分2秒
  • 返信
 
新算数教育研究会  東洋館出版社 著  2011年12月
http://www.toyokan.co.jp/book/b98929.html
昭和46年から続く月刊誌『新しい算数研究』。その研究成果の中から選りすぐりの論文・実践を掲載。現場の先生方の日々の実践や研究者方の資料として役立てることができるのではないでしょうか。第五巻は数量関係でまとめています。

これがなぜ「指導要領に付随する出版物」なのかというと、シリーズの他の本のタイトル
http://www.toyokan.co.jp/search/s3516.html


指導要領における区分

A 数と計算
B 量と測定
C 図 形
D 数量関係

が連動していることが推測される。

更に、新算数教育研究会は指導要領策定に関わった人もいる。


http://8254.teacup.com/kakezannojunjo/bbs/t50/20 のセミナーの演題も指導要領と関連している。


かけ算順序問題と特に深い関係がありそうな「数量関係」を見てみる。


レンタル掲示板