• [0]
  • コメント欄10代目

  • 投稿者:積分定数
 
 原則、誰でも自由に書き込めます。ないように特に制限はありませんが、ネット上のマナー、常識は守って下さい。場合によっては削除する場合があります。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [2830]
  • まともそうなネタ

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)22時42分55秒
  • 返信
 
学習指導要領解説とか東京都算数教育研究会とか見ていると気が滅入ってきます。
そんな中、小学校段階でまともそうな等号の指導や、方程式を教えるのを見つけたので、紹介だけしておきます。

算数科における「数と計算」から「文字・文字式」への接続に関する研究 : 東アジア諸国との比較を通して
津田 真秀,黒田 恭史 京都教育大学紀要 No.130, 2017
http://ir.kyokyo-u.ac.jp/dspace/handle/123456789/8522
http://ir.kyokyo-u.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/8522/3/S007v130p59-70_tsuda.pdf


太田 直樹 - 研究者 - researchmap
http://researchmap.jp/ohta8120/

代数カリキュラムの開発と教育実践による検証 -低学年における方程式・不等式の教育実践-
太田 直樹
数学教育学会誌   55(3・4) 119-131   2015年3月   [査読有り]
http://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=80543

小学生における連立方程式解法の発達過程と教育実験の成果
太田 直樹, 守屋 誠司
数学教育学会誌   52(1) 31-47   2012年2月   [査読有り]
http://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=77159


そのうち、じっくり読みたいです。

  • [2829]
  • Re: 発言小町: 算数の文章題が分からない

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)21時16分15秒
  • 返信
 
>>2828
> こちらの掲示板を時々拝見している者です。
> 発言小町掲示板の算数の文章題が分からないというトピックで様々なレスがあります。

情報、有り難うございます。参戦しました。





(1)に関しては、教師の方がおかしいです。
(2)に関しては、円周率を3.14とすると問題文にあるから、計算でもそれを使うと解釈するのが普通でしょう。

いずれにしても、概念の理解に関しては問題ないでしょう。


(1)に関しては教師に異議を申し立ててもいいと思います。


教師が誤った認識・誤った教え方をしているのだから、それをただすための行為はみんなのためにもなるでしょう。

とはいえ、徒労に終わる可能性も大きいです。「教師がどう採点しようが、自分はちゃんと理解してる」ということが分かっていたら、それはそれで構わないという考えもあります。

どちらにすべきかは何とも言えません。

  • [2828]
  • 発言小町: 算数の文章題が分からない

  • 投稿者:39
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)11時26分56秒
  • 返信
 
こちらの掲示板を時々拝見している者です。
発言小町掲示板の算数の文章題が分からないというトピックで様々なレスがあります。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2017/0620/808627.htm?o=2


  • [2827]
  • Re: 東京都算数教育研究会

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)08時36分7秒
  • 返信
 
>>2826

>この例から分かるように、算数では「 これが絶対 」という方法が存在しない領域があります。この曖昧さが算数の魅力
の一つでもあるのですが、算数・数学では「 正しい答え 」が必ず存在するはずだという方には、「 どのやり方でも構わな
い」という考えは、たまらなく「 非常識 」に映るようです。


これもなんだかよく分からない。

算数・数学では何が正しい答えかが明確。(例外もある)
ただし、それを表現する方法は複数あり得ることがある。


>この曖昧さが算数の魅力


何に魅力を感じるかは主観であって、正しいとか間違っているとか言う類いのものではないから、この人がそう感じることは否定しないが、少なくとも私は「曖昧さが算数の魅力」とは思っていない。

  • [2826]
  • 東京都算数教育研究会

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 6月26日(月)22時23分23秒
  • 返信
 
都算研 - NEWS
http://tosanken.main.jp/htdocs/
平成28年度 会報第131号
http://tosanken.main.jp/data/H28/kaihou/kaihou131.pdf
P4
第5分科会 第3学年「□ を使って場面を式に表そう 」
>授業者 葛飾区立飯塚小学校教諭 三田紀美子
>講 師 元東京都算数教育研究会会長 菅野 俊子 先生

>教科書とは乗数と被乗数の順を並び替えて、「 8人で、同じ数ずつつるをおったら、つるは全部で 32 羽になりました。」とすることで、場面や乗法の意味をしっかりとらえて立式する必要がある課題にした。

>・「 8×□ = 32 」と書く児童が多く出たのは、問題の意味把握が不十分であったからではないか。ただ問題を読むだけでなく、問題の意味をしっかりとらえさせ、問題に立ち返ることが大事である。


順序指導が有効ではないとしか思えませんが、そういう発想はしてはいけないのでしょうw


http://tosanken.main.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=139
平成26年7月発行の会報第126号
http://tosanken.main.jp/data/kaiho/kaiho126_H26-7.pdf
P4
「数学的な思考力・表現力を育てる指導の在り方」
>講師 筑波大学教授 清水美憲

>また、「かけ算、わり算はたし算、ひき算より先」というルールもなぜなのか子どもにはわからない。左から順に演算を行うと不都合が生じることを伝えるべきである。


どんな「不都合が生じる」のだろうか?
乗法は一つの数量だからとか言い出しそうですね。
これが筑波クオリティか?

  • [2825]
  • 0は倍数ではない

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月21日(水)22時55分30秒
  • 返信
 
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/06/21/1387017_4_2_1_1.pdf
p.231「2で割ったときに余りが0になる整数を偶数といい,余りが1になる整数を奇数という」「0は倍数に含めない」

  • [2824]
  • 比の値

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月21日(水)18時35分24秒
  • 返信
 
比の値を明記!!!


新指導要領解説 p65
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/06/21/1387017_4_1.pdf
>第6学年では,比の値
や比の相等,等しい比をつくることの指導を通して,図や式を用いて,比を表現
し,表現された図や式から,数量の関係を読み取って比べることができるように
する。

  • [2823]
  • 文科省が掛け算順序を公言!?

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月21日(水)18時27分1秒
  • 返信
 
近頃何かと話題の文科省
ついに掛け算順序を公言!?


学習指導要領解説
算数編 平成29年 6月
113ページ附近

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/06/21/1387017_4_1.pdf




現行版はこちら
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2009/06/16/1234931_004_1.pdf
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2009/06/16/1234931_004_2.pdf

  • [2822]
  • Re: 算数教育界wの流儀

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月17日(土)20時17分53秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>2821

閉区間[a,b]を定義域とする連続関数f、gがあり、f<gのとき、x=aとx=bとy=f(x)とy=g(x)で囲まれた面積がg-fをa~bの定積分になることの教科書の説明が、

0≦f<g の場合で証明して、fが負になる場合がある時は、f+c g+c という具合に全体を底上げして、0≦f+c<g+cとして 0≦f<g の場合に帰着させる

という面倒な方法を採っています。

x軸よりも下は負の面積と考えるとすればこういう回りくどいことをしなくてもいいし、積分の意味が分かっていればg-fを積分すれば面積になると分かるのですが、

直観的には理解できる危うい概念を導入するよりは、面倒くさくても既成の概念で説明する という事になっているように思います。

 

  • [2821]
  • 算数教育界wの流儀

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 6月17日(土)18時52分45秒
  • 返信
 
教える側が説明(した事に)し易いのと、教わる側が理解し易いのは別物だと思っています。
算数教育界wでは、教える側の説明し易さを優先して、教える側の都合を押し付けている感があります。
教師が教えた内容通りに答えるのを要求するのは当然という意見が数多く見られるのも、その表れでしょうか。

「1本の直線に垂直な2本の直線は平行である」というのも、生徒が直感的に「平行」を理解するのを脇に置いて、説明した事にするのに便利な形にしたように思えます。
「比」を「比の値」を使って教えるのも同様ですし、「はじき」や「掛け算の順序」も同根と言えそうです。


「発達段階の考慮」も重なる面がありそうです。
「出来ない子がある程度いる内容」や「理解しているか判断が難しい内容」に対して、「スモールステップ」の発想で対処しようとすると、この段階では「これ」を教えれば良いとなってしまいます。
教える側の都合としては、「これ」さえ教えれば良い、「これ」が出来る事こそが目的、と単純化すると楽でしょう。
より上の段階で「これ」が必要か考慮せず、「ステップ」で区切るのが算数教育界wの「発達段階の考慮」であり、向いている先は「生徒にどうやって理解してもらうか」ではなく、「教師にどう指導させるか」という教師目線なのだと感じています。


学習指導要領(現行にも次期にも)に、
また,学年間の指導内容を円滑に接続させるため,適切な反復による学習指導を進めるようにすること。
という記述があります。
スパイラル指導の事でしょうが、教師目線の発想では、より上の段階の生徒に駄目だしするという本末転倒の現象は無くならないでしょう。

  • [2820]
  • 岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育批判

  • 投稿者:Y.H
  • 投稿日:2017年 6月16日(金)13時12分40秒
  • 返信
 
  異論があるかもしれませんが、岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育を批判しました。
 リンクを張らせていただきます。

岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育を検討する2 ~比に対する授業者の認識の欠如
  (2017年5月8日)
 http://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/fc304b356f998eb68ed4bb0c59a853fb
岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育を検討する3 ~平行線の定義に関する主流派そのものの実践である小林教諭の授業
  (2017年6月16日)
 http://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/91d9a605155b36989db2daf1024526a5
岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育を検討する3 ~平行線の定義に関する鈴木昭裕教授の見解に異議
 http://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/59e47d8a55e959ee92f3a5a536fc5a6e
   (2017年6月17日)

  • [2819]
  • 百田尚樹氏講演会中止をめぐって

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)06時34分49秒
  • 返信
 
https://togetter.com/li/1119660

  • [2818]
  • Re: どーでもいい話

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)06時32分13秒
  • 返信
 
>>2817
> 選挙って基本的にプラスの一票しか入れられないのが不満です。
> この政党に駄目だししたいとか、この人だけは勘弁して欲しいという要望は結構あると思うので、マイナス一票とかを可能にした方が、より民意を反映すると思うのですが。


多数決を疑う
社会的選択理論とは何か  坂井 豊貴 著   岩波新書
https://www.iwanami.co.jp/book/b226328.html


これ読むと、話はそう単純でもないようです。

  • [2817]
  • どーでもいい話

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 6月14日(水)20時48分24秒
  • 返信
 
選挙って基本的にプラスの一票しか入れられないのが不満です。
この政党に駄目だししたいとか、この人だけは勘弁して欲しいという要望は結構あると思うので、マイナス一票とかを可能にした方が、より民意を反映すると思うのですが。

  • [2816]
  • 親野智可等の頭がよくなる 「算数力」 教室 (別冊宝島)

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月10日(土)12時20分22秒
  • 返信
 
親野智可等の頭がよくなる 「算数力」 教室 (別冊宝島)
http://www.oyaryoku.jp/books/sansu_ryoku.html

●算数のどの勉強にも「本当に大切なポイント」と「解き方のコツ」があります。

1年生の教科書では、繰り下がりの引き算で減減法と減加法という2種類の方法を教えていますが、本当は減加法という1つの方法で習熟させた方がいいのです。

また、難しい勉強の代表である、割合、単位量当たりの大きさ、密度、速度などでは数直線を使って教えています。

ところが、この数直線という代物が子どもにとっては本当に難しく、勉強の助けになるどころかよけいわかりにくくしています。

実は、このような難しい勉強では、数直線よりも比の表を使った方がはるかに簡単で効果的です。

●また、割合には「く・も・わ」と「ぶ・ぜ・わ」という裏技があり、「速さ」には「み・は・じ」という裏技があります。

これを知っているといないとでは、本当に大きな差が出ます。
この裏技を知っていれば、割合と速さの問題がどんどん解けます。

私自身も、日々の生活における割合に関するものは全てこれで処理しています。
教えてくれた先生に心から感謝しています。

私は講演のとき聴講者のみなさんに尋ねたことがあるのですが、この「く・も・わ」「ぶ・ぜ・わ」「み・は・じ」を知っている人は5%くらいしかいませんでした。

知っている人は、みんな、受験でもこれを使ってきましたし実生活でもこれを使っています。
数直線で考える人など一人もいません。

また、分数の文章問題には「数字置き換え法」という裏技があります。
これも、非常に便利なものです。

しかも、これは分数だけでなくいろいろな文章問題に広く応用できます。

●これらはほんの一例です。

「これは省いた方がすっきりわかる」というムダな部分や「教科書にはないけど、これを教えればすっきりわかる」という解き方のコツが実はいっぱいあるのです。

この本には、重要な勉強についての「本当に大切なポイント」と「解き方のコツ」をたくさん載せてあります。

●本書の内容の一部を紹介します。

◎割合は、裏技の「く・も・わ」と「ぶ・ぜ・わ」で完全攻略!
◎「速さ」は「表」と「み・は・じ」の2つの裏技で完全攻略!
◎分数の問題は、裏技の「数字置き換え法」で完全攻略!

◎「単位量当たりの大きさ」は裏技の「表」で完全攻略!
◎図形の面積は色画用紙でイメージ化。
◎立体の展開図はカラー工作用紙で攻略。

◎立体の見取図が描けるシンプルな勉強法
◎こうすれば! 筆算のケアレス・ミスは防げる
◎4つの方法を身につければ文章問題が得意になる!

◎小数の筆算は点の位置がポイント。点の位置を間違えない秘策とは?
◎比の勉強で表の使い方を身につければ、多くの難単元で応用できる
◎繰り上がり足し算は、「小さい数を分解する」と教える

◎繰り下がり引き算は、減減法でなく減加法に徹する
◎重さの勉強では「大きな目盛から考えよう」と教える
◎算数は暗記だ!小学生のうちに丸暗記勉強法を身につける

この本で、「算数が好き」と言える子が増えることを願っております。

  • [2815]
  • 積分定数と陰山英男氏とのやりとり

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月 5日(月)09時39分21秒
  • 返信
 
https://togetter.com/li/1116867

  • [2814]
  • ブラックボックス

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 6月 3日(土)20時17分49秒
  • 返信
 
https://twitter.com/i/web/status/870816219296702464

公式のブラックボックス化ですね。
受験が勉強の目的なのでしょうね。

「言葉の式」もブラックボックス扱いで、数値を当て嵌めるだけのものと化している可能性も高いです。
「いくつ分 × 1つぶんの数 = ぜんぶの数」という「言葉の式」を作り上げるのを許さない指導は、まさにそれでしょう。

ブラックボックス扱いだからこそ、「言葉の式」を弄るのは御法度なのでしょう。

  • [2813]
  • 立命館pixiv論文問題Q&Aの「かける数とかけられる数」について

  • 投稿者:ヒン
  • 投稿日:2017年 6月 2日(金)23時59分49秒
  • 返信
 
http://takexikom.hatenadiary.jp/entry/2017/05/29/051127

> かける数とかけられる数の違いは,信じるだとか宗派だとかではなく,
> 教科書でも学習指導要領でも,海外文献でも,調べれば容易に見つかります。

見つかることがなぜ、「信じるだとか宗派だとか」を否定できるのか?
論理が飛躍していて理解できません。
その宗教的真理を当然のこととしている人なら理解できるのかもしれませんが。

> つけ加えると,「かける数とかけられる数の区別がある」ようなかけ算と,
> 「かける数とかけられる数の区別がない」ようなかけ算が知られています*1。

その宗派の業界以外で、それが知られているようなことがあるのでしょうか?

  • [2812]
  • Re: 放送大学

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 5月19日(金)13時52分11秒
  • 返信
 
>>2811

ルールの合理性・妥当性を問うことも重要だと思うのですがね。

  • [2811]
  • 放送大学

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 5月17日(水)21時12分36秒
  • 返信
 
現代社会の児童生徒指導
開設年度:2017年度
http://www.ouj.ac.jp/kamoku/detail/1529161/
第6回 児童生徒理解と指導の意義 学校という社会空間と生徒の社会化
担当講師: 金子 真理子 (東京学芸大学教授)

を見たのですが、興味深い内容がありました。
画像を貼っておきます。

これらのデータは、地方2県の高校を対象にして実施されたもののようで、以下の文献で参照出来ます。

4. ゆとり教育再編期における教育実践と生徒文化 : 「高校生文化と進路形成の変容(第3次調査)」より(I-12部会 学校の教育実践,研究発表I,一般研究報告)
大多和 直樹、金子 真理子、樋田 大二郎、岩木 秀夫、耳塚 寛明、苅谷 剛彦、堀 健志、SIM CHOON KIAT、岡部 悟志、中西 啓喜、平木 耕平 2010年09月
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009358134
年度ごとの生徒の意識の変容で、2009年度の「きちんとした社会人になるためにも校則を守るべき」が92.2%というのに驚きました。

単線型メリトクラシーパラダイムの再考(II) : 「高校生文化と進路形成の変容(第3次調査)」より
樋田 大二郎、大多和 直樹、金子 真理子、岡部 悟志、堀 健志 2011年
https://www.agulin.aoyama.ac.jp/opac/repository/1000/12172/
https://www.agulin.aoyama.ac.jp/opac/repository/1000/12172/00012172.pdf

文献にはありませんが、放送大学の放送で、
教師に向けられる過度な期待と査察の眼は、教師を自粛させ、プログラム化された教育の熱心な遂行者へと自閉させる可能性がある。
とありました。
これらの内容を見ていると、算数教育界wが悪化する方向性と重なりがあるように見受けられます。

  • [2810]
  • 学力調査

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 5月12日(金)20時49分10秒
  • 返信
 
全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)
平成29年03月
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/1383338.htm
全国的な学力調査の今後の改善方策について(まとめ)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/__icsFiles/afieldfile/2017/03/30/1383338_1.pdf

・ 全ての市町村教育委員会において、自らの教育施策の成果と課題を分析し、その改善を図ることができるようにするためには、全ての市町村教育委員会を対象に調査を実施すること

全ての市町村教育委員会で、毎年分析する必要が出てきますね。

・ 全ての学校において、個々の児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てるためには、全ての学校の該当する学年の教科の内容の指導を受けている全ての児童生徒を対象に、毎年度調査を実施すること

生徒事に分析が必要と言っている?
そうであれば狂気の沙汰ですし、そうでないなら全ての児童生徒を対象にする必要なないでしょう。
そもそも、まともに分析する能力や、時間的な制約を考慮すると、現状でもやっつけ仕事になっていそうです。

○ 全国的な学力や学習状況の傾向、又は、都道府県別の学力や学習状況の傾向を単純に把握するだけならば、抽出方式による調査でも可能である。国際的な学力調査であるOECD生徒の学習到達度調査(PISA)や国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)も抽出方式による調査により、参加国・地域の傾向を把握・分析している。

抽出方式は妥当でしょう。

しかしながら、全ての教育委員会における教育施策の改善・充実、全ての学校における該当する学年以外の児童生徒を含む個々の児童生徒に対する教育指導の改善・充実を図るためには、全国的な学力調査を悉皆、かつ、毎年度実施することが必要である。

【悉皆、かつ、毎年度実施することが必要】か説明しているつもり?
抽出方式だと十分な改善が出来ない理由が分かりません。

(1)全ての教育委員会・学校・児童生徒に対する具体的なメッセージ

学力調査に振り回されろというメッセージにしか見えません。

○ また、質問紙調査項目も同様に、調査実施後に全て公開することにより、全ての教育委員会、学校、児童生徒に対して、教育施策や教育指導の改善・充実に資する指導方法や学習に対する関心・意欲・態度などに関し、具体的なメッセージとなる調査項目を提示することができる。

【質問紙調査項目】にも振り回されろと言っているようです。

○ また、調査問題に限らず、児童生徒や学校に対する質問紙調査項目においても、新しい学習指導要領の理念が、教育委員会や学校に反映されているのか、把握・分析することができるものにしていく必要がある。さらに、質問紙調査項目によって、非認知能力を把握・分析できることも必要である。

【質問紙調査項目】で本音を引き出せるか疑問です。
【非認知能力を把握・分析】という方向性も危ういものを感じます。

(3)児童生徒の学力の状況をより客観的・多角的に評価できる仕組みの導入(詳細は別添1参照)

現場への負荷がすごそうです。
実現可能か本当に検討したのか疑問を持たざるを得ません。

○ 一人一人の児童生徒に調査結果を提供する個人票について、教員が個々の児童生徒の学習上の課題についての指導に活用しやすくし、児童生徒が学習上の課題を理解するのに資するよう、以下の観点からの改善・充実策について検討する。

もしかして、個人毎にデータを管理している?


一通り目を通していませんが、疲れたので、この辺で終わりにします。

ちなみに【検証改善サイクル】という言葉が使われているのですが、「PDCAサイクル」の事ですかね。
「PDCAサイクル」は、4つの段階に区切られているいるのが重要だと思っています。
しかし文科省は、「指導と評価の一体化」も推進しているのですが、これって「PDCAサイクル」の利点を弱めているような気がします。

  • [2809]
  • 守秘義務の危機

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 5月 8日(月)21時32分43秒
  • 返信
 
宮川正文のブログ チーム学校運営の推進等に関する法律案の部分的分析
http://miyakawam.blog.fc2.com/blog-entry-351.html

スクールカウンセラーも校長の指揮監督下に入るので、問題が発生するのではという事が書かれています。
個人的には、スクールカウンセラーを配置しても本当に生徒が相談するのか疑問に思っていました。
しかも、集団的守秘義務という名のもとに、校長等に相談内容がばれる可能性があっては、誰も相談しようとは思わないでしょう。
校長も、自分が責任を問われ可能性があるなら、干渉しようとするのは当然です。

ちなみに問題があった場合、カウンセラー等に責任を押し付ける未来が眼に浮かびます。

  • [2808]
  • EDUPEDIA かける数とかけられる数

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 5月 8日(月)15時46分52秒
  • 返信
 
https://edupedia.jp/article/53233f81059b682d585b581a
「単位系を揃えるために、答えの単位を掛けられる数として式の前に置く。ごく初歩的なこんなルール」なるものは存在しません。
掛け算を「1つ分×いくつ分」で導入する。導入でこうしているというだけのことで順序に深い意味はない。仮に「1つ分×いくつ分」に拘っても、「4人に3個ずつ」なら「3個の塊が4つだから3×4」ということになるが、各自に1個ずつ配るのを3回繰り返すなら4個が3回分で4×3となるわけで、3×4、4×3、どちらでも構わない。

 ところが算数教育では「3×4が正しくて4×3が間違い」とされる。
で、この「正しい順序」にするための方法が「答えの単位・助数詞と同じものを最初におく」というもの。

 「掛け算の順序が大切」という算数教育界の人の意見に「どちらでもいいとすると問題文の意味を考えなくなる」というのがあるが、この「サンドイッチ」は「考えなくても教師が想定する順序に出来る方法」であり、このようなものが提唱されること自体が、順序指導の無意味さを物語っている。

 さらにこれを「ルール」と思ってしまうのは、便宜的な暗記法を本当のことだと思っているわけで、1582年本能寺の変を「イチゴパンツで本能寺」とすると覚えやすいというのを、「明智光秀はイチゴパンツを愛用していた」と思ってしまうようなものである。

 もし本当にこのようなサンドイッチルールがあるなら、縦3m横4mの長方形の面積は、3m×4m=12m となってしまう。

 またこのような手法は、問題文そのものを理解しないで単位・助数詞にだけ着目して式を立てる癖を誘発しかねず、百害あって一利なしと言わざるを得ない。

「何故彼らはその後の学習の進捗でつまづかなかったのか。不思議でならないです。」という疑問もあるようだが、そもそも掛け算の順序はどっちでもいいのだから、掛け算の順序はどっちでもいいと正しく理解しているわけでつまずく必然性がない。

 むしろ、1つ分×いくつ分の順序に拘る人が、高校数学でやる順列組み合わせでつまずかないのが不思議だった。ABCDの並べ替えは、4×3×2×1と式を立てる人が多いが、「4人に3個ずつなら3×4の順序のみが等しい」という立場からしたら、1×2×3×4としないとならないはず。

 これに関しては、彼らは順列を求める式を、小学校算数の掛け算の概念の延長ではなく、公式として覚えているだけなので、自ら課したルールに反していると
いう認識がないことが判明した。

 いずれにしても、掛け算の順序に拘るなど有害無益だし、この本文にあるような単位のサンドイッチなど百害あって一利なしである。

  • [2807]
  • Re: 岐聖大附属小学校のある教諭の比の概念

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 5月 7日(日)21時21分13秒
  • 返信
 
>>2805

新学習指導要領(平成29年3月公示):文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1383986.htm
学習指導要領等:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1384661.htm
小学校学習指導要領
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/__icsFiles/afieldfile/2017/04/27/1384661_4_1.pdf
P74
〔用語・記号〕に「比の値」という記述が追加されました。
個人的には、「比の値」で「比」を教えたがっている勢力に屈した印象を持っています。

  • [2806]
  • Re: 岐聖大附属小学校のある教諭の比の概念

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 5月 7日(日)11時48分5秒
  • 返信
 
>>2805
>  岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育を検討する2 ~比に対する授業者の認識の欠如
>  http://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/fc304b356f998eb68ed4bb0c59a853fb
>
> 玉置・鈴木・芳賀・小林共著『若い教師のための深い学びが生まれる 算数授業 ベテランの授業を教育研究者が語る』のなかから、授業者の比の概念に対する分析を中心に検討・批判しました。


そういえば著作権法違反で訴えてやる、比の値は大切だ とおっしゃっていた村井氏はどうされているのでしょうかね?

  • [2805]
  • 岐聖大附属小学校のある教諭の比の概念

  • 投稿者:Y.H
  • 投稿日:2017年 5月 7日(日)11時31分24秒
  • 返信
 
 岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育を検討する2 ~比に対する授業者の認識の欠如
 http://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/fc304b356f998eb68ed4bb0c59a853fb

玉置・鈴木・芳賀・小林共著『若い教師のための深い学びが生まれる 算数授業 ベテランの授業を教育研究者が語る』のなかから、授業者の比の概念に対する分析を中心に検討・批判しました。

  • [2804]
  • Re: コメント備忘録

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 5月 6日(土)15時14分45秒
  • 返信
 
>>2802
> http://blog.goo.ne.jp/kayamatetsu/e/9748bc4be0a9386541dbf4ef4494fa3e?st=0#comment-form

予想通りブログ主は私のコメントを消去したw

  • [2803]
  • コメント備忘録

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 5月 6日(土)07時58分14秒
  • 返信
 
http://katekyo-pro.blog.so-net.ne.jp/2017-04-05

初めまして。掛け算の順序指導は、「バツになった」ということが発端で騒ぎになるので、そこだけが問題視されているように思われるかもしれませんが、それは氷山の一角で、特定の解法のみを正解にする指導が算数全般で行われていて、それが問題視されています。児童が「算数の問題には定まったとき方があってそれで解かないとならない。算数の勉強とは解法の暗記」と思ってしまうと、算数・数学が理解できなくなります。

これこそが最大の問題なので、面従腹背で「正しい順序」に書くか、バツを覚悟で好きな順序で書くかは、些末な問題でしょうし、どちらの順序でもマルにすればそれで問題解決、ということでもありません。

  • [2802]
  • コメント備忘録

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 5月 5日(金)17時04分9秒
  • 返信
 
http://blog.goo.ne.jp/kayamatetsu/e/9748bc4be0a9386541dbf4ef4494fa3e?st=0#comment-form

  • [2801]
  • Re: どこかの大学の論文

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 5月 2日(火)17時31分14秒
  • 返信
 
>>2287
> ツイッターで見つけた論文。
>
> https://glim-re.glim.gakushuin.ac.jp/bitstream/10959/2752/1/jinbun_10_85_92.pdf
>
> 通常、業界の困った論文に対しては「あきれる」という感想をもちますが、
> この論文には
>  マジ、腹立つ!!
> と思いました。
> どうして腹が立ったのかは、後日。
>
> ( 学生はどうしても「これが研究でござい」という論文を出さなければならないので、
>   これも「しょうがないな」と思ってあげなければいけないのかも知れませんが。 )


URLはこちら↓
http://glim-re.glim.gakushuin.ac.jp/handle/10959/2752

  • [2800]
  • 岐阜聖徳学園大学附属小学校のあほらしい授業

  • 投稿者:Y.H
  • 投稿日:2017年 5月 2日(火)14時48分23秒
  • 返信
 
 私学の教員養成系教育学部附属小学校の算数授業を検討・批判してみました。

①岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育を検討する1  ~子どもに等分除・包含除の区別を押しつけようとする最低な授業と最低な解説1
   はじめに
 http://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/84584ca8bc8bbb94ab1d0011f29ffc70
②岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育を検討する1  ~子どもに等分除・包含除の区別を押しつけようとする最低な授業と最低な解説2
   小林永児教諭の算数授業とその授業への批判
 http://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/e520f831fcd518a7227ae550a124d051
③岐阜聖徳学園大学附属小学校の算数教育を検討する1  ~子どもに等分除・包含除の区別を押しつけようとする最低な授業と最低な解説3
   鈴木昭裕教授のあほらしい解説
 http://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/775fb5b5da6bb71de7309c7fbdc131e5

 算数教育主流派の大学教員と附属小学校の共同研究が、この場合マイナスに働いています。

  • [2799]
  • 証明せよ

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 5月 1日(月)21時50分35秒
  • 返信
 
http://eboli.exblog.jp/17473834/

わたしの髪はもともとかなり派手な赤毛で、どこの学校に転校しても必ず一度は呼び出されてそれは染めているのか地毛なのかと尋問された。ある学校でもやはり職員室に呼ばれて尋問されたとき、赤毛がダメなら黒く染めれば問題ないですねと言うと毛染めは校則違反だからダメだという。だったらどうすればいいのかと聞くとそれが地毛で「染めていない」という診断書を医者にもらって提出しろと言われた。そういう証明なら医者よりむしろ理美容師の方が専門ではないか、なによりそんな診断書、何科の医者に診てもらえばいいのかと聞くと「赤ん坊の時からずっと診てもらってる医者ぐらいいるだろう!」と言う。残念ながら転勤族の子にそういう「かかりつけ医」はない、しかも当時から丈夫だけが取り柄でほとんど医者にかかることなどなかった。もし赤ちゃんの時から診てもらってる医者の証明が必要なら、学校休んで大阪まで行って来なくてはいけないのですが、それで構わないんでしょうかね、と聞くと何が彼の逆鱗に触れたのか、自宅に電話され・・・母が学校に呼び出されることになった。

  • [2798]
  • 地毛証明書

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 5月 1日(月)21時48分54秒
  • 返信
 
http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/30/jige_n_16349118.html
「地毛証明書」都立高校の6割で 幼児期の写真を要求するケースも
朝日新聞デジタル  |  執筆者: 朝日新聞社提供
投稿日: 2017年05月01日 09時29分 JST 更新: 2017年05月01日 09時29分 JST

「地毛証明書」、都立高の6割で 幼児期の写真を要求も

 東京の都立高校の約6割が、生徒が髪の毛を染めたりパーマをかけたりしていないか、生まれつきの髪かを見分けるため、一部の生徒から入学時に「地毛証明書」を提出させていることがわかった。勘違いによる指導を防ぐ狙いがあるが、裏付けのために幼児期の写真を出させる例もあり、専門家から疑問視する声もある。

 朝日新聞は全日制の都立高(173校)の校長や副校長らに取材し、地毛証明書の有無を聞いた。170校が取材に応じ、全校の57%の98校が「ある」と回答。少なくとも19校が、幼児や中学生の時の髪の毛が分かる写真も求めていた。

 「地毛証明書」「頭髪についての申請書」など呼び方や書式は各校で違うが、多くは保護者が「髪の色が栗毛色」「縮れ毛である」などと記入、押印する形。保護者も参加する入学前の説明会で染色やパーマが疑われる生徒に声をかけ、用紙を渡す例もある。1校当たり年間数人から数十人が提出している。今年度から導入する学校もある。

 多くの都立高は校則で髪の染色やパーマを禁止する。世田谷区の都立高の担当教諭は「染めているのに地毛だと言い張る生徒もいる。保護者の責任で証明してもらう」と話す。背景には、生徒とのトラブルを防ぐほか、私立高との競争が激しく、生活指導をきちんとしていることを保護者や生徒にアピールするねらいもある。

 東京都教育委員会の堀川勝史主任指導主事(生活指導担当)は証明書について「間違って指導し、生徒に嫌な思いをさせないための方法としてはあり得る」とする一方、写真については「学校長の判断だが、写真は個人情報であり人権上の配慮がより必要だ」と語る。

 「地毛証明」について埼玉県教委は「いくつかの高校で把握」、神奈川、千葉県教委は「把握していない」と答えた。(土居新平、峯俊一平)

(朝日新聞デジタル 2017年04月30日 21時39分)

  • [2797]
  • 文科省はくだらないことやっている暇があったら

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 4月29日(土)23時10分47秒
  • 返信
 
文科省はくだらないことやっている暇があったら文教予算をぶんどって、国立大学の学費を下げて、教育を受けることもままならない貧困家庭の子が気兼ねなく学べる環境を整えることを優先して欲しい。

  • [2796]
  • Re: 多様な人材

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 4月29日(土)23時08分58秒
  • 返信
 
>>2795
> >>2794

入試改革の目的が、これからの社会は変化が激しく答えがない課題に取り組めることがどーたら、っていうんだけど、

キャリア教育って、子供の頃から職業を意識して決め打ちするという発想で、ある意味、全く逆方向だと思う。



  • [2795]
  • Re: 多様な人材

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 4月29日(土)19時10分42秒
  • 返信
 
>>2794

「キャリア教育」とか「キャリア」とかも関連するかも。

キャリア教育とは何か - 文部科学省
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/06/16/1306818_04.pdf

なかなか気になるキーワードです。
文科省のサイトを検索すると大量に出てきて、うんざりします。

  • [2794]
  • Re: 多様な人材

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 4月29日(土)18時14分15秒
  • 返信
 
>>2793
> https://twitter.com/sekibunnteisuu/status/857960341866635264
>
> 多様な人材の育成って考えが無いんですよね。
> 目標を設定して、それに向かって画一的に進ませようとするのは、超算数にも通じるところがありそうです。



私のような反日左翼wだろうがネトウヨだろうが、オタクだろうがそうじゃなかろうが、そんなこと関係なく学力という1つの物差しで合否を判断することで、多様な人が入学することになると思います。

人物を総合的に判断するなら、尖った人間は排除されて、バランスが取れたそこそこ無難な人ばかりになるような気がする。

あるいは、目が輝いていてはつらつとしていて、中身はないのに「とにかく政治を変えたい」みたいなことで自己実現のために選挙に立候補するようなタイプの人とか。

あるいは、"そのような振り"を出来る人とか。

学力は大学で学ぶのに必要な資質と言えるだろうけど、"やる気がある振り"が出来るという能力は何か役立つのかな?


「高校時代を充実して過ごしたかどうか」を評価対象にするとかいうのは、正気の沙汰とは思えない。

充実した高校時代を送った人は、それを自分の人生の宝とすればいいわけで、なんでそれが受験で優遇されなければならないのか?

 人生の格差是正と言うことで、充実した高校時代を遅れなかった受験生に下駄を履かせるなら、まだわからなくもないが。

 学校が不連続に変わるというのは、そこでリセットが可能ということなのに、それをなくしかねない。

親や学校や教師との衝突や葛藤もなく健やかに育った子が理想として想定されているのだろうか?


こんなアホナ入試改革、やりたいという酔狂な大学だけやればいいのに、一律にやらせようとしている。

個性・多様性を目指しているんだか、画一的なものを目指しているんだか、入試改革の旗振りしている人も混乱しているのではないだろうか?

  • [2793]
  • 多様な人材

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 4月29日(土)11時34分28秒
  • 返信
 
https://twitter.com/sekibunnteisuu/status/857960341866635264

多様な人材の育成って考えが無いんですよね。
目標を設定して、それに向かって画一的に進ませようとするのは、超算数にも通じるところがありそうです。

  • [2792]
  • コメント備忘録

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 4月28日(金)23時46分20秒
  • 返信
 
http://investoronline.blog.fc2.com/?no=778

  • [2791]
  • 組み体操の体験談

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 4月25日(火)21時12分34秒
  • 返信
 
組み体操を擁護する書き込みは結構あっても、過去に組み体操で感動と達成感を味わったという体験談は驚くほど少ないようでした。
体験談すら稀だとすると、効果はあったとしても僅かでしかない可能性が高そうです。
まさにハイリスク・ローリターンの世界ですね。

  • [2790]
  • 忍び寄るEM菌

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 4月21日(金)22時07分13秒
  • 返信
 
研究指定校・地域事業:国立教育政策研究所
http://www.nier.go.jp/kaihatsu/shidousiryou.html
「環境教育指導資料【幼稚園・小学校編】」(平成26年10月)
http://www.nier.go.jp/kaihatsu/pdf/kankyo_k_n_eb.pdf
P7
体験活動の充実に向けて幼稚園と小学校が連携し,子供の発達に必要な体験をさせていくことは,環境教育の取組において必要不可欠である。

P10
環境教育においては,体験活動が学習活動の根幹となっていると言っても過言ではない。特に,幼稚園・小学校の段階においては,体験活動が遊びや学びの土台・出発点となり,感性を働かせ,問題解決を促進し,興味・関心を高め,知の実践化を確かなものにしていく。

P12
持続可能な社会を担う実践力のある子供の育成には,学校,家庭,地域社会やNPOが,それぞれの教育機能を十分に発揮すると共に,相互に連携協力を図り,学びや体験の充実を図ることが必要である。

P40
また,地域で活動する人材やNPO法人等の専門家をゲスト・ティーチャーとして活用することは,体験的な活動の充実や学習内容を深め広げる点で有効である。

検索すると、EM菌がらみのNPO法人が大量に出てきます。
そんな中、手軽に体験活動をさせ、NPOを活用しようとすると、EM菌が忍び寄ってきてしまう・・・

  • [2789]
  • Re: キーワードに反応?

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 4月21日(金)21時28分52秒
  • 返信
 
>>2787

> 掛け算か割り算で、3÷210は数値的にあり得ない と判断すると210÷3か210×3に絞られるわけで、どちらかを無作為に選んだならそれぞれ25%になる。そうなっていないことから、「倍なら掛け算」と思っている子が多そうですね。

自信を持って掛け算を選んでいるのか、とりあえず掛け算を選んでいるのかも気になりますね。


>>2788

> 逆にしてしまって両方間違えた子が5%ということは、両方正解のうちの5%も、偶然正解と思われる。きちんと理解しているのは多めに見積もっても4割強ぐらいじゃないかな。

私も、そのくらいが妥当な線だと思います。

  • [2788]
  • Re: キーワードに反応?

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 4月21日(金)09時57分53秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>2787
> >>2786

逆にしてしまって両方間違えた子が5%ということは、両方正解のうちの5%も、偶然正解と思われる。きちんと理解しているのは多めに見積もっても4割強ぐらいじゃないかな。


  • [2787]
  • Re: キーワードに反応?

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 4月21日(金)09時46分56秒
  • 返信
 
>>2786

掛け算か割り算で、3÷210は数値的にあり得ない と判断すると210÷3か210×3に絞られるわけで、どちらかを無作為に選んだならそれぞれ25%になる。そうなっていないことから、「倍なら掛け算」と思っている子が多そうですね。


https://twitter.com/genkuroki/status/799780473480232960
「AはBの130%で、CはBの80%です。大きな順に並べて下さい」の正答率が3割


加減ならどうだろうね?

赤いテープは120㎝で白いテープよりも30㎝長い 白いテープの長さは?
オレンジジュースは120mL 林檎ジュースはオレンジジュースよりも30mL 多い。オレンジシュースの量は?

など。


おそらくこちらはもっと正答率が高くなると思う。


  • [2786]
  • キーワードに反応?

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 4月20日(木)20時02分59秒
  • 返信
 
小学校学習指導要領実施状況調査 平成24年度調査
http://www.nier.go.jp/kaihatsu/shido_h24/index.htm
算数
http://www.nier.go.jp/kaihatsu/shido_h24/03.pdf
P26
○ クロス集計の結果,(1)と(2)のどちらも正解している児童が47.1%いて,「倍」という言葉があるとどちらもかけ算であると考えている児童が32.8%いることが明らかになった。

キーワードに反応する生徒が結構いそうです。
「ふえるといくつ」、「あわせていくつ」、「のこりはいくつ」、「ちがいはいくつ」のような教え方をしていれば、キーワード反応タイプが多くなるのは当然でしょう。

ちなみにクロス集計から分かることは、32.8%近くいそう程度でしょう。
「倍」というキーワードに反応してなのか、掛け算、又は割り算を選択している生徒の合計は95%近くいます。
理解していなくても、キーワードでかなり絞れるなら、偶々正答している生徒は無視出来ない割合でいそうです。
【「倍」という言葉があるとどちらもかけ算であると考えている児童が32.8%いることが明らかになった。】は、分析が甘いか、とにかく【明らかになった】と断言すれば良いと思っているかのどちらかでしょう。

確からしさの低い内容でも【明らかになった】事にし、それを「確かな事」として扱うのは、世の中に溢れていると感じています。

  • [2785]
  • コメント備忘録 「マッキーのつれづれ日記」

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 4月19日(水)06時26分21秒
  • 返信
 
http://blog.goo.ne.jp/hps_tokyo/e/bf534160780679f21e7408af8653439d

3.9+5.1=9.0 で画像検索すればわかりますが、この件の発端は筆算です。小数第一位を0にするのはごく自然なことです。

>小学校で指導している児童全員に対して、基本をしっかりとマスターさせようとする努力や工夫は、賞賛されこそすれ非難されるものではありません。

この意見は馬鹿げています。今回の件に関してはともかく、一般論として、目的が正しくて、その目的のための一生懸命だったとしても、その手段が適切でないと批判されることはあり得ます。

目的は正しかったが、手段が間違っていた
一生懸命努力しているが、間違ったことをしている

こんな例はいくらでもあります。

  • [2784]
  • 「水からの伝言」が学校から消え去らない

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 4月18日(火)20時39分12秒
  • 編集済
  • 返信
 
水からの伝言を学校教育に使うのだけはやめてくれ~! - ちしきよく。
2017年04月16日
http://www.chishikiyoku.com/entry/mizukarano-dengon
>ずばり「水からの伝言」だ。ネタが古いけど、未だにやってる学校もあるとか何とか。


小学校で、女性教師が、「水からの伝言を」もじって。子供達の言葉使いが悪い... - Yahoo!知恵袋
2017/2/17
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10170635695


2017.1.25 - ダマヌール東京
https://www.damanhurtokyo.org/mailmagazine-backnumber/2017-1-25-1/
>コミュニティーの中にある学校を訪問されて、子供たちに『水からの伝言』のお話をし、子供たちに絵本をプレゼントされたそうです。

  • [2783]
  • 指導主事の資質・能力

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 4月16日(日)21時24分1秒
  • 返信
 
教育管理職等の任用・育成のあり方検討委員会第1次報告について:東京都教育委員会
平成27年6月11日
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/jinji/ariken_houkoku/1ji.html
【現在の指導主事は必要な資質・能力を備えているか(アンケート結果)】
>  備えている 31.4% < 備えていない 68.6%


アンケートからは、指導主事は必要な資質・能力を備えていない人が多いと思われているようです。

  • [2782]
  • 管理職(教員)の状況

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 4月16日(日)21時05分39秒
  • 返信
 
管理職(教員)の状況
小中学校教員の多忙さの解消 ~岐阜県北方町教育委員会の取り組みを例にして
http://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/eb777ed28a588a1fb0ecbc69cfe81bfb
のコメント欄で Y.Hさんに指摘されたのですが、校長・教頭になりたがらない地域と、そうではない地域に差がありそうです。

管理職や主幹教諭等の現状について - 文部科学省
平成27年4月28日
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/052/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/07/23/1359696_04.pdf
P31
学校管理職候補者の育成・確保
 課題が多い         13.6%
 どちらかといえば課題がある 45.5%


を見ると、国全体では順調とは言えないようです。

P9
校長等登用者の直前の職が載っていて、教育委員会事務局職員がかなり多いのに驚きました。



教育管理職等の任用・育成のあり方検討委員会第1次報告について:東京都教育委員会
平成27年6月11日
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/jinji/ariken_houkoku/1ji.html
現行制度における推計では、再任用校長を配置しない限り、平成20年度から小学校副校長に欠員発生

東京都では、管理職が不足状態のようです。
定年等で退職した人材を、再任用として登用しているようです。
検索すると、東京都以外でも、あちこちで再任用する動きがあります。


横浜市立学校管理職等人事異動について(平成 29 年4月1日付) 裏面あり
http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201703/images/phpjXq4vE.pdf
再任用校長 91人(小学校67人、中学校22人、特別支援学校2人)
> ※うち新規 38人(小学校32人、中学校5人、特別支援学校1人)
>再任用副校長 5人(小学校3人、中学校1人、特別支援学校1人)


横浜市では、かなりの数になっているようです。



公募という形で、登用する所もあります。

大阪府/平成29年度大阪府立学校校長及び大阪府公立小学校任期付校長の公募選考
http://www.pref.osaka.lg.jp/kyoshokuin/ninki29/index.html

横浜市教育委員会 【募集】横浜市公立学校長を募集します
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/saiyou/koubo/

平成29年度 堺市立学校園任期付管理職を公募します 堺市
http://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/kyoiku/boshu/kyoshokuinboshu/29kanrishoku_koubo.html

平成29年度公募による新潟市立小・中学校校長選考検査 新潟市
https://www.city.niigata.lg.jp/kosodate/gakko/saiyou/kyoshoku20140714.html



管理職の倍率が分かる情報

平成28年7月定例会資料[PDFファイル/552KB] - 長崎県
https://www.pref.nagasaki.jp/shared/uploads/2016/07/1469701683.pdf
平成29年度長崎県公立小・中学校管理職員選考試験の実施について

出願者     校長:308 教頭:349 計:657
名簿登載予定数 校長: 75 教頭: 82 計:157

となっています。
この手の情報は、あまり見かけませんでした。

  • [2781]
  • コメント備忘録

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 4月16日(日)05時44分0秒
  • 返信
 
http://kazemanabi.at.webry.info/201512/article_1.html


レンタル掲示板