• [0]
  • コメント欄10代目

  • 投稿者:積分定数
 
 原則、誰でも自由に書き込めます。ないように特に制限はありませんが、ネット上のマナー、常識は守って下さい。場合によっては削除する場合があります。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [2871]
  • Re: 大学教育学部の実情

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年11月23日(木)23時11分3秒
  • 返信
 
>>2870
> >>2868
> 中学校で「g(グラム)は質量の単位で、重さにはN(ニュートン)などを使う」と学びますが、区別しなくていいのでしょうかね。

日常的に「重さ5g」のような表現に出会うので、質量と重さの明確な区別が必要な時以外では、重さの単位を問われてg(グラム)と答えるのは個人的には問題ないと思っています。

  • [2870]
  • Re: 大学教育学部の実情

  • 投稿者:θλ
  • 投稿日:2017年11月23日(木)15時14分17秒
  • 返信
 
>>2868
中学校で「g(グラム)は質量の単位で、重さにはN(ニュートン)などを使う」と学びますが、区別しなくていいのでしょうかね。

  • [2869]
  • Re: 立式力

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年11月23日(木)13時22分17秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>2866

私も、式を答えさせる問題を出すことがあるけど、引用されている指導とは似て非なるもの。

私の場合、

答えだけでもいい
式だけでもいい
「正しい式」とは、計算して最終的な値を求めたら答えの値になるもの全て。


例 4人に3個ずつ、で総計は?

12 3×4 4×3 15-3 7+5 などどれも正解。



このようにしておくと、問題文の数値を大きくしても生徒の負担にならず、問題のバリエーションを拡げることが出来る。

答えと式と等価なものとして扱う、さらに式には「問題文に出てきた数値しか使えない」などという馬鹿げた制約もしないことで、「問題文にあった夕いつの正しい式=答え」というテンプレの洗脳を除去し、式は答えを求める差に自然に書くことになる道具 という当たり前のことを身につけることになる。

  • [2868]
  • 大学教育学部の実情

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年11月22日(水)23時15分37秒
  • 返信
 
児童生徒・学生の「理科離れ」「算数嫌い」から見えてくる課題(2) : 新しいカリキュラムの提言に向けて(清水篤教授ご退任記念号)
井上 正人,觜本 格 2017-03-20
https://kobe-shinwa.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2434&item_no=1&page_id=13&block_id=39

P16
◇対象:S女子大学教育学部1年生82名
>◇実施時期:2016年12月

>■問題1 重さの単位を知っているだけ書いてください。

>注目すべきことは、体積の単位であるL(リットル)やdL、mLのいずれかを書いているものが20%もいることである。重さも体積も、日常的には物の量を表す単位として使われるが、重さと体積の区別が判然としないらしい。少数ではあるがmやm2、m3、ccをあげたり、圧力の単位であるhPaを書いたりする学生もいた。


Lを書いている人が20%もいるのに驚きます。


■問題5 10cm3の物体のかたまりがあります。重さを測ると5gでした。密度を求めましょう。
>・正解 5÷10=0.5 答え0.5g/cm3

>(立式)
>正答率…20%(16人)
>無答率…55%(45人)
>主な誤答
>・10÷5=2

>(単位を付けた答え)
>正答率…12%(10人)
>無答率…45%(37人)
>主な誤答
>・cm3/g、%


【正答率…12%】ですが、その中でも理解していない生徒も含まれていそうな予感が・・・

小学校や中学校で学んだ事が身に付いていないのは間違いなさそうです。
教育学部が特に酷いのか、女子大学というのも関係があるのか、大学生全般の傾向なのか気になるところです。

  • [2867]
  • Re: 数研出版へのメール

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年11月21日(火)05時14分10秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>2865

回答が来たけど、ネットの公開は控えて欲しいとのこと。理由はよく分からない。

回答内容は、「厳密には積分定数の指摘したとおりだけど、それほど拘ることもないと思って」(大意)とのこと。

  • [2866]
  • 立式力

  • 投稿者:鰹節猫吉
  • 投稿日:2017年11月20日(月)00時28分23秒
  • 返信
 
 単元にこだわらずに出題するというのはいいのですが、式だけ書いて持ってこさせるというのは非常に有害です。

 算数というのは、「正しい式」というものがあって、まず最初に解答用紙に「正しい式」を書き、それを計算して答のらんに書き込むもんである、と思わせてしまうようでは教育の失敗です。

 この本に出てくる問題ですが、

23人いるうちの14人が男子です。男子は女子より何人多いですか。

というような簡単な問題で、深澤先生のやり方は破綻してしまいますね。


 文章題の解読法もひどい。
 米 4 1/5 L の重さが 3 1/2 L ありました。米 1 L の重さは? という問題は、単位が2種類なので4マス関係表で計算しろということになるのでしょうけど、これは比例計算にしか使えないわけで…。
 1辺2mの正方形の板が4kgであった。1辺1mの正方形だと何kgなのか?となると、もう破綻してしまう。




  • [2865]
  • 数研出版へのメール

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年11月15日(水)13時10分53秒
  • 返信
 
貴社の高校数学Ⅱの教科書を見ていて疑問が生じました。
x^nの導関数をnx^(n-1)としていて、nを正の整数、としていますが、その場合、n=1だとx^0となります。これは1ということでよろしいのでしょうか?しかし、そうなると、x=0のときに0^0=1という解釈になることになりますが、高校数学では0^0は扱っていないのではないでしょうか?なお私自身は0^0は1とすることが合理的であると思っています。



なお回答に関しては、ネット上に公開させていただくことがあります。ご都合が悪い場合はその旨お知らせください。

  • [2864]
  • Q.船上に26匹の羊と10匹のヤギがいます。この時、船長は何歳でしょう?

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年11月15日(水)06時49分25秒
  • 返信
 
Q.船上に26匹の羊と10匹のヤギがいます。この時、船長は何歳でしょう?→大多数の子供が『36歳』と答える


船長の年齢に関する情報がないが何か答えないとならない以上、苦肉の策で26+10で36歳、と答えるのはそれほど変じゃないと思うよ。

「わからない」と答えて構わない、と認識していたら、そう答えたんじゃないかな?

  • [2863]
  • 髪黒染め指導訴訟

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年11月11日(土)12時14分23秒
  • 返信
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000018-asahi-soci
教室の席なくされ、進学の夢は遠のき 髪黒染め指導訴訟
11/10(金) 9:31配信 朝日新聞

生まれつき茶色い髪なのに、学校側が何度も黒染めを強要したのは違法だ――。大阪府立高校の女子生徒(18)が府を相手に起こした訴訟が、国内外で話題になっている。過去に学校側の頭髪指導を許容した司法判断もあるが、「行き過ぎ」との声が各方面から上がっている。


■「ここまで追い込むのか」

 「自分で望んだわけじゃない。地毛が茶色いだけでなぜ責められ続けるの」

 裁判を起こした生徒は2年生だった昨年5月、家族にそう語ったと、訴状にある。母校の中学校の指導で、生徒は学校行事の際などに髪を黒く染めた。しかし高校入学後は、頭髪など身だしなみについて記載した「生徒心得」を理由に、地毛に戻すことが認められることはなかった。髪が傷み、頭皮に痛みを感じるようになったが、教員から「不十分」とやり直しを命じられることもあったという。高校は、入学時に黒く染めていた場合は「黒色をキープする」方針だった。

 昨年9月、「指導に従えないなら授業は受けられない」などと言われ、不登校に。3年生となった今年4月以降は名簿から消され、教室から席もなくなった。大学進学の目標は遠のいた。代理人の弁護士は「ここまで生徒は追い込まれなければならないのか」と憤る。



  • [2862]
  • Re: 学校は無責任

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年11月 9日(木)20時03分59秒
  • 返信
 
>>2861
> >>2859
> > この学校だけが特殊と思えないし、学校全体や教育委員会全般に不信感を抱くのは私だけでしょうか?
>
> 国立大学の附属学校って、むしろ公立学校を指導する立場だと認識しているのだが・・・

責任のなすりつけ方を指導していそうですね。

  • [2861]
  • Re: 学校は無責任

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年11月 8日(水)22時54分14秒
  • 返信
 
>>2859
> この学校だけが特殊と思えないし、学校全体や教育委員会全般に不信感を抱くのは私だけでしょうか?

国立大学の附属学校って、むしろ公立学校を指導する立場だと認識しているのだが・・・

  • [2860]
  • 読解力に関して思う事

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年11月 5日(日)22時02分3秒
  • 返信
 
RSTとは? もしくは リーディングスキルテストとは?(2017年9月27日版) - 東京百舌
http://mozutokyo.hatenablog.com/entry/2017/09/27/020101

日本の識字の課題は本当に「終わった」のだろうか?―あらためて考えたい機能的非識字のこと
10/31(火) 15:43
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaiki/20171031-00077603/

PISA型読解力という考えにモヤモヤ感があり、もっと基本的な読解力から眼を背けている印象がありました。
「リーディングスキル」や「機能的非識字」等の言葉で注目されてほっとしています。

算数教育界wからは、理解を促すのではなく、言われた通りに問題を解かせる感が強く、理解力や読解力を育てない方向に進んでいる印象を持っています。
教材はカラフルになり、吹き出し等も多用し、読み易く工夫した分だけ、読解力が低下するのも当然だと思っています。

リーディングスキルテストの成績と、読書が好きかどうか等と相関が無いのも色々と可能性が考えられます。
事前の知識、ストーリーの予測、前後の文脈、今気にしている事柄等から、
補正や補間、想像による内容の追加、重要度の低いと感じた内容を意識外に置く等の作業が行われていると感じています。
個人的な経験ですが、読み直しで誤読に気付いたり、文章になっていない内容を勝手に追加していたり、こんな事が書かれていたんだなと気付いたり様々あります。
読書しても、内容を正確に把握していなかったり、分かり難い文章をきちんと読み取れなくても文脈から補間したりするので、リーディングスキルテストの成績に結び付かないのも当然だと思います。

そのうち、読解力を身に付けるにはどうすればいいか個人的な見解を纏めたいですね。

  • [2859]
  • 学校は無責任

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年11月 4日(土)21時42分20秒
  • 返信
 
「組み体操で死亡」両親提訴“ピラミッド”崩落が…
11/3(金) 18:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171103-00000049-ann-soci
 去年6月、広島大学付属三原中学校で行われた運動会の組み体操に参加した当時中学3年の14歳の男子生徒が2日後、脳内出血で亡くなった。両親は移動式の3段ピラミッドが崩れた時に、上にいた生徒のひざが男子生徒の後頭部に当たる事故が起きていたとして、中学校を運営する広島大学に約9600万円の損害賠償を求める訴えを起こした。学校側は事故はなかったとしている。

【学校側は事故はなかったとしている。】とは、呆れるしかないですね。

 亡くなった生徒の母親:「『事故があったというと、生徒を犯人にすることになりますよ』と事故の責任を、管理体制の落ち度を、生徒間同士の問題にすり替えようとする発言に驚きました」

学校の責任転嫁能力の高さが伺えます。
この学校だけが特殊と思えないし、学校全体や教育委員会全般に不信感を抱くのは私だけでしょうか?

  • [2858]
  • 「黒染め強要で不登校」生まれつき茶髪の女子高生が提訴

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年10月27日(金)17時42分56秒
  • 返信
 
http://www.asahi.com/articles/ASKBS6D22KBSPTIL024.html
「黒染め強要で不登校」生まれつき茶髪の女子高生が提訴
2017年10月27日11時33分
 生まれつき茶色い髪を黒く染めるよう教諭らから何度も指導され精神的な苦痛を受けたとして、大阪府立高校3年の女子生徒が、府に約220万円の賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。27日に第1回口頭弁論があり、府は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 訴状によると、生徒の母親は2015年4月の入学時、生徒の髪が生まれつき茶色いことを学校側に説明。黒染めを強要しないよう求めた。しかし教諭らは、染色や脱色を禁じる「生徒心得」を理由に、黒く染めるよう指導した。「生来的に金髪の外国人留学生でも、規則では黒染めをさせることになる」とも述べたという。

 生徒は黒染めに応じていたが、色が戻るたびに染め直すよう指示され、2年次の16年9月には黒染めが不十分だとして授業への出席を禁じられた。翌10月の修学旅行への参加も認められず、現在も不登校が続いているという。

 生徒側は、「黒染めで頭皮や頭髪に健康被害が生じた。身体的特徴を否定され精神的苦痛も受けた」と主張。「高校には生徒が健全に発育できる環境を作る義務がある」としたうえで、今回の指導はそれに反する「違法な指導だ」と訴えている。大阪府教育庁は朝日新聞の取材に「事実関係も含め、係争中なので答えられない」とした。

 高校生の頭髪をめぐっては、色を染めたりパーマをかけたりしていないか見分けるための「地毛証明書」を、東京都立高校の多くが一部の生徒に提出させていることが明らかになっている。府教育庁によると、府立高校で同様の仕組みがあるか否かは「把握していない」という。

  • [2857]
  • 遺伝の「優性」「劣性」使うのやめます 日本遺伝学会が用語改訂 「優性」は「顕性」、「劣性」は「潜性」と言い換える。

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 9月 7日(木)17時49分4秒
  • 返信
 
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/06/genetics-society_a_23199512/
>学会長の小林武彦東京大教授は「改訂した用語の普及に努める。教科書の用語も変えてほしいと文科省に要望書も出す予定だ」と話す。

これが学校教育に反映するのはいつ頃だろうか?

  • [2856]
  • Re: 「文章題における交換法則」

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 9月 1日(金)17時25分39秒
  • 返信
 
>>2855
>
> これの足し算バージョンっぽい感じですね。
> http://news.mynavi.jp/news/2012/12/19/163/
> >かけ算の交換法則を指導することで、お子さまの混乱も見えますが、「計算」のステップにおいて交換・分配法則を使うことは、かけ算の数の拡張には欠かせないことですので、「立式」とは別に「計算のきまり」としてしっかり指導しております。


混乱しているのはお前らだ!

  • [2855]
  • 「文章題における交換法則」

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 8月31日(木)21時31分48秒
  • 返信
 
https://twitter.com/OokuboTact/status/903086453617442816/photo/1
>「文章題における交換法則」???
>交換法則と何が違うの?

これの足し算バージョンっぽい感じですね。
http://news.mynavi.jp/news/2012/12/19/163/
>かけ算の交換法則を指導することで、お子さまの混乱も見えますが、「計算」のステップにおいて交換・分配法則を使うことは、かけ算の数の拡張には欠かせないことですので、「立式」とは別に「計算のきまり」としてしっかり指導しております。

Thomasunculus氏は、「計算のきまりの交換法則」と「文章題における交換法則」(「立式時の交換法則」)のように捉えているのかもしれません。
仮にそうだったとしても、「文章題における交換法則」について触れている資料は無いと思われます。
算数教育学wの文献と整合性を持たせようとして、Thomasunculus氏独自の解釈をしていそうです。

  • [2854]
  • Re: 小学館 小四教育技術「式と計算の順序」

  • 投稿者:鰹節猫吉
  • 投稿日:2017年 8月29日(火)23時04分41秒
  • 返信
 
>>2852
> >>2851
>
> 小学校学習指導要領解説 算数編(平成29年6月)
> http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/07/25/1387017_4_2.pdf
> P195
> >例えば,「500円玉をもって買い物に行き,150円のジュースと260円のパンを買いました。おつりはいくらですか」という問題がある。次のように式に表すことができる。
> > 500-(150+260)=90 ジュースとパンをまとめて買った場合
> > 500-150=350 350-260=90 ジュースとパンを別々に買った場合
> >もしも,500円玉1枚ではなく,100円玉5枚をもって行ったとすると,(200-150)+(300-260)=90 と表すこともできる。場面を変えると,どんな式になるかを考え,伝え合うことで,数量の関係や思考の過程を表したり,式を読み取ったりする力を伸ばすことが大切である

>
> なんて記述もあります。
> おつりが100円未満になるようにしているのも、心配りが感じられますw

指導要領解説に、そんなひどいことが書いてあるとはおそろしいことです。
小四教育技術のほうには「編集委員 文部科学省教科書調査官 笠井健一」と書いてありますし、まるで文部科学省が超算数におすみつきをあたえているように受け取られないです。


  • [2853]
  • 本末転倒な指導

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 8月29日(火)21時51分12秒
  • 返信
 
平成29年度 全国学力・学習状況調査 報告書 小学校 算数:国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research
http://www.nier.go.jp/17chousakekkahoukoku/report/17primary/17math/
平成29年度 全国学力・学習状況調査 報告書 【小学校/算数】17pmath
http://www.nier.go.jp/17chousakekkahoukoku/report/data/17pmath.pdf
P37
>計算の順序についてのきまりを確実に理解できるようにする
>○ 計算の順序についてのきまりは,単に暗記するだけではなく,具体的な場面と関連付けながら理解できるようにすることが大切である。
>指導に当たっては,例えば,体育科のハードル走の学習場面において,下の式に数値を当てはめて,目標のタイムを求める活動を設けることが考えられる。

>40mハードル走の目標のタイムを求める式
>40m走のタイム+0.4(秒)×ハードルの数=目標のタイム

>その際,目標のタイムを式の左から順に計算して求めた場合は,40m走のタイムとかけ離れた数値になっていることを,具体的な場面と照らし合わせながら振り返ることで,計算の順序が誤っていることに気付くことができるようにすることが大切である。


【40m走のタイム+0.4(秒)×ハードルの数=目標のタイム】
この「式」が成り立つのを理解するには、掛け算を先に計算する「きまり」を知っている必要が有ります。
しかし、この手の指導は、何だか分からないけど「式」に当て嵌めれば答えが出るのが前提になっているように思えます。
何故、「足し算」より先に「掛け算」を計算するのか疑問に思うような生徒に対し、この手の指導が【計算の順序についてのきまりを確実に理解できるようにする】役に立つのでしょうか?

  • [2852]
  • Re: 小学館 小四教育技術「式と計算の順序」

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 8月29日(火)21時15分54秒
  • 返信
 
>>2851

小学校学習指導要領解説 算数編(平成29年6月)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/07/25/1387017_4_2.pdf
P195
>例えば,「500円玉をもって買い物に行き,150円のジュースと260円のパンを買いました。おつりはいくらですか」という問題がある。次のように式に表すことができる。
> 500-(150+260)=90 ジュースとパンをまとめて買った場合
> 500-150=350 350-260=90 ジュースとパンを別々に買った場合
>もしも,500円玉1枚ではなく,100円玉5枚をもって行ったとすると,(200-150)+(300-260)=90 と表すこともできる。場面を変えると,どんな式になるかを考え,伝え合うことで,数量の関係や思考の過程を表したり,式を読み取ったりする力を伸ばすことが大切である


なんて記述もあります。
おつりが100円未満になるようにしているのも、心配りが感じられますw

  • [2851]
  • 小学館 小四教育技術「式と計算の順序」

  • 投稿者:鰹節猫吉
  • 投稿日:2017年 8月29日(火)00時09分9秒
  • 返信
 
 小学校教師向情報誌 小学館 小四教育技術 で、ひどいのを見つけました。


  • [2850]
  • Re: 「地毛証明書」「無言給食」 学校のルールを考える

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 8月21日(月)16時33分6秒
  • 返信
 
>>2848

「学校が決めたことなんだし嫌ならそこに行かなければいい」

ラーメンが不味かったり高かったりしたらその店に行かなければいいだけだが、それと同列に扱うとは、余りにアホすぎる。


一度入った学校を「行かなければいい」というのは、他人事としてだから言えること。
実際に、行かないという選択をすることがどれだけ面倒な話になるのか考えればいい。

また、公立だろうが私立だろうが、税金が投入されているわけで、「学校が何やろうが勝手」という話ではない。公教育(私立も含む)は、社会の要請で行われていることを忘れるべきではない。

さらに、人権侵害はラーメンが不味いとか高いとか言うのとはレベルが違う話である。税金が投入されていない私的経営の飲食店でも、差別的対応など人権侵害をしたら非難されるのことになる。

  • [2849]
  • Re: 「地毛証明書」「無言給食」 学校のルールを考える

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 8月21日(月)16時25分51秒
  • 返信
 
>>2848

 ある都立高の教諭は「地毛の場合は指導の対象にはしないという、指導と人権配慮のバランスをとるための苦肉の策だ」と説明します。「そもそも茶色の髪の毛はダメだという頭髪指導こそ人権侵害だ。だが、学校にそれを求めているのは世間であり、日本社会。その議論をせずに地毛証明書だけを批判するのはおかしい」と話しました。



この教師、アホじゃないの?

  • [2848]
  • 「地毛証明書」「無言給食」 学校のルールを考える

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 8月21日(月)16時24分5秒
  • 返信
 
http://www.asahi.com/articles/ASK815T7FK81UTIL04X.html

「地毛証明書」「無言給食」 学校のルールを考える
峯俊一平 杉原里美 土居新平2017年8月21日05時09分

学校に通っていたころ、ちょっと変わったルールや活動がありませんでしたか。「教育のため」と言われると否定しづらいけれど、なんだかモヤモヤが残るものも……。「地毛証明書」について報じた5月の記事をきっかけに起きた議論や、その後の取材をもとに、そんな「学校の不思議」についてみなさんと考えたいと思います。

 東京の都立高校の「地毛証明書」についての記事が朝日新聞デジタルに掲載されると、SNSで一気に反響が広がりました。

 多くは批判的な意見でした。ツイッターから引用すると、「くだらない」「いまだにこんなことやっているなんて、信じられない」「人を見た目で判断するなと教えるのが教育だ」「これは教師の仕事なのかな。ほかにやるべき仕事があると思う」などの声がありました。

 一方で、冷ややかな見方もありました。「学校が決めたことなんだし嫌ならそこに行かなければいい」「どこでもやるものだと思ってた」

 東京都教育委員会は「頭髪指導をする中で、(地毛が茶色い生徒らに)間違った指導をしないために行われている」と制度自体は是認しています。その上で写真を添付させることについては、「個別状況で真に必要な場合に限られるべきだ」との立場です。また、ある都立高の副校長は「生徒に地毛を大切にするよう呼びかけているので、証明書が必要だ」と言います。

 こうした議論に著名人も加わりました。教育評論家の尾木直樹さんは「身体について証明書を出させるなんて明らかな人権侵害だ」と憤ります。「大人は、子どもをケアしつつ人格を尊重するという、対等の関係を目指すべきだ。これは上からの一方的な押しつけだ」

 脳科学者の茂木健一郎さんもいち早く反応した一人。ブログで高校生に向けて「君たちは全く悪くない。おかしいのは、世間であり、都立高校の方なのです」と書きました。

 改めて話を聞くと、「生徒の人権を守るためと言うが、出自やアイデンティティーの証明を求めることが人権侵害だとなぜわからないのか」と話しました。「形式的には筋が通っていても、全体として個性や多様性をすごく抑圧している。まず髪を染めた人が不良、不真面目という認識モデルを疑うべきだ」と言います。

 ある都立高の教諭は「地毛の場合は指導の対象にはしないという、指導と人権配慮のバランスをとるための苦肉の策だ」と説明します。「そもそも茶色の髪の毛はダメだという頭髪指導こそ人権侵害だ。だが、学校にそれを求めているのは世間であり、日本社会。その議論をせずに地毛証明書だけを批判するのはおかしい」と話しました。(土居新平)

【地毛証明書の記事の要旨】

 都立高(全日制)の約6割が、髪の毛を染めたりパーマをかけたりしていないかを見極めるため、一部の生徒から入学時に「地毛証明書」を提出させているという内容でした。裏付けのために幼少期の写真を求める高校もあり、専門家からは疑問視する声も出ていると紹介しました。

 保護者が髪の特徴を記入して押印する形が多く、呼び方や書式は各校で違います。保護者も参加する入学前の説明会で、地毛かどうか疑わしいと思われる生徒に声をかけて用紙を渡す例もあります。(2017年5月1日朝刊、東京本社版などに掲載)

■「万引きしないと」と署名

 「地毛証明書」について報じた後、朝日新聞社会部の情報窓口に、東京都が小学校低学年向けに作った万引き防止啓発リーフレット「万引きなんてしない!」について、メールが届きました。「直感的に『なにこれ!』と違和感を覚えた」と訴える保護者からでした。

 A4判4ページで「人のものをだまってとることははんざいです」と強調し、罪を犯した場合は、刑務所に入れられるか、罰金を払わされると説明しています。最終ページには「私は、何があっても、ぜったい万引きはしません!」と宣言文があり、児童が署名するようになっています。

 都によると、3月末に都内の全小学校に電子データを送ったそうです。各校で印刷して、道徳の授業や生活指導の時間に教材として使うといいます。高学年や中学生向けのものもあります。都青少年課の和田栄治担当課長は「万引きは、はっきり駄目だと伝えるための内容」と話します。署名は「友達に誘われるなどしても、揺るがない姿勢を示すため」と説明しています。

 ある小1の保護者の男性は、子どもの学級で全児童が署名をしたとして、「(子どもは)一律、『万引き予備軍』なのでしょうか。ものの大切さ、それに多くの人が関わることの意味を考えて良心を育てる姿勢が欠けている」と言います。喜多明人・早稲田大教授(子ども支援学)はリーフレットについて「厳罰化による対症療法であり、一定の効果はあるかもしれないが、子どもが自律的に解決する機会を奪ってしまう」と指摘しています。(峯俊一平)

■清掃、ひざつき無言で

 日本の学校の風景としてよく話題にのぼるのが「掃除」です。文部科学省が2016年度から始めている「日本型教育の海外展開」でも、掃除や給食などの特別活動が注目されているといいます。

 子どものトイレ清掃には教育的な意義があるとして、横浜市は10年度から、市内の全小中学校計500校で、児童や生徒によるトイレ掃除を復活させました。従来は、用務員の業務と位置づけられていました。教職員向けに同市教育委員会が作った冊子には、「清掃活動で伸ばしたい力」として、公共心や規範意識、自律心の醸成などが挙げられています。ただ、その後のトイレ掃除の実施率や効果を調査する予定はないそうです。

 「清掃は心を磨く」として、独自のスタイルを採り入れている学校もあります。

 「かつては生徒指導が大変な学校でした」。埼玉県本庄市立本庄東中学校の関根栄一校長は言います。授業中に席を立つ生徒がいて、先生たちは困っていたそうです。そこで同校が注目したのが「清掃教育」でした。10年からは、ひざをついた姿で15分間黙々と掃除をする「無言ひざつき清掃」に取り組み、学校のホームページでも発信しています。「最初は怒鳴っていた先生もいました。でも、先生がしゃべると無言にならない。絶対に清掃中は怒らないでほしいと伝えました」と関根校長。先生たちも、生徒と一緒に掃除をしています。川田博樹教頭は「生徒に完璧に清掃をやらせようと思えば、教員もストレスがたまる。一緒にやろうと思えば、ストレスにならない」と言います。

 そのうち、黙々と掃除をする生徒の姿が、他の生徒たちの間で「かっこいい」と憧れられるようになったそうです。高学年になると、掃除をがんばったという「輝き賞」を受賞する生徒も増えます。こうした生徒を見習うために、高学年の教室掃除に低学年が「清掃留学」する機会も設けているそうです。

 朝日新聞の地方版によると、「無言清掃」は、長野県や福井県、佐賀県など各地で実施されています。(杉原里美)

■前例踏襲、実は「珍百景」?

 現役の公立小学校の先生ら13人が2014年に出版した「学校珍百景 『学校あるある』を問い直す」(学事出版)は、学校に特有の光景や活動に光を当てます。日直や「朝の会・帰りの会」、席替え、上履きなど、これまで当たり前とされてきた「学校文化」について、「本当に必要なの?」と疑問を投げかけました。15年には「学校珍百景2 まだまだ出てくる『学校あるある』」も出版されました。

 編著者である千葉県浦安市立小学校の教諭塩崎義明さん(59)によると、学校には「無言清掃」だけでなく、「無言給食」もあります。「もぐもぐタイムなどといいますが、残さずに全部を食べさせるのが狙い。先生が子どもを管理することばかりに目がいっているように感じます」と話します。

 同様に、校門での一方的なあいさつ運動や、靴を5ミリのずれなくそろえさせるなど、「何のためのマナーなのかが抜けて、今までやってきたからというだけで残っていることが多い。それが珍百景を生んでいます」と指摘します。

 そして、こう問いかけます。「決まりを厳しくすればするほど、先生は口うるさくなり、ストレスもたまります。管理しようとして、自分の首をしめていませんか」

 疑問をもちつつ前例踏襲で続けてきたことが「珍百景」として取り上げられていると知った先生たちからは、「気が楽になった」と感想が届いているそうです。(杉原里美)

     ◇

 高校が地毛証明書を出させている理由の多くは「校則で染髪やパーマは禁止されており、地毛が茶色い生徒らを守るため」でした。でも、証明書を出した経験がある男性は「先生に染めていると疑われ、悲しかった」と話します。目的が一見、正しそうな学校のルールや活動が、実は誰かを傷つけてはいないか。立ち止まって考えてみたいと思いました。(土居新平)

  • [2847]
  • Re: おかしな指導

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 8月19日(土)07時38分20秒
  • 返信
 
>>2845
> https://twitter.com/sekibunnteisuu/status/897691966015774728
> >ダミーの数字を入れたり、掛け算の授業をやっているときに足し算や引き算の問題を出すと子どもが混乱するからよくない
>
> こういう意見を見ると、文章の内容を理解しないまま、問題を解かせる指導をしているようにしか思えませんよね。


元ツイートは探せなかったけど、算数教育のおかしな流意義を擁護する人に、「じゃあこういう問題だとどうするのか?」というと「そういうのは算数では扱わない」と言うケースがあります。結局、増加と合併のようがくだらない縛りがあることで対応できる問題が制限されて、ますます算数が閉じてしまうことになる。

  • [2846]
  • 現実無視

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 8月16日(水)22時42分30秒
  • 返信
 
https://twitter.com/m0jJJvFujGoZjdZ/status/897432669386031104
>理解しているからこそ、教わった方法とは異なった解法になりがちです。というのはあると思います。
>なので、その解法を説明してクラスで共有して、クラス全体の理解を促進させるのが大事かと思ってます。

https://twitter.com/m0jJJvFujGoZjdZ/status/897434379789533184
>2-5という式なんてざらに出ますし、掛け算の可変も理解できない子もたくさんいます。

算数教育学wを擁護する輩に見られるパターンですが、理解度が低い生徒がいると感じているのに、別解が出てきたらクラスで共有しないといけないと平気で言い出します。
現実を無視した考えとは思わないのですかね。

  • [2845]
  • おかしな指導

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 8月16日(水)22時03分13秒
  • 返信
 
https://twitter.com/sekibunnteisuu/status/897691966015774728
>ダミーの数字を入れたり、掛け算の授業をやっているときに足し算や引き算の問題を出すと子どもが混乱するからよくない

こういう意見を見ると、文章の内容を理解しないまま、問題を解かせる指導をしているようにしか思えませんよね。

  • [2844]
  • 詳細

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 8月14日(月)21時19分39秒
  • 返信
 
https://twitter.com/temmusu_n/statuses/897020335609872384

浜松市教育研究会
http://h-kyouikukaikan.eco.coocan.jp/kenkyukaiHP/
算数研究部
http://h-kyouikukaikan.eco.coocan.jp/kenkyukaiHP/10sansu-e/top.html
計算力実態調査
http://h-kyouikukaikan.eco.coocan.jp/kenkyukaiHP/10sansu-e/keisanryoku/keisan.htm

平成27年度
考察
http://h-kyouikukaikan.eco.coocan.jp/kenkyukaiHP/10sansu-e/keisanryoku/27keisanryoku/kousatsu.pdf
>⑳ 遊園地に行きました。 のりものけんが4まいあります。1まいのけんで、5回のりものにのれます。ぜんぶで何回のれるでしょうか。
>しき 5×4=20 答え 20回 (正答率 36%)

><誤答例>
>⑳ 4×5=20 4+5 4+1+5

>⑳ 「4×5」の誤答例が多く、 問題文から「5 回ずつ」が「4 枚分」という読み取りができなかったと思われる。


平成28年度
考察
http://h-kyouikukaikan.eco.coocan.jp/kenkyukaiHP/10sansu-e/keisanryoku/28keisanryoku/kousatsu.pdf
>⑳ 車が6台あります。1台に7人ずつのると、ぜんぶで何人のれるでしょうか。
>しき 7×6 (7×6 = 42) 答え 42人 (正答率 60%)

><誤答例>
>⑳ 6×7、6+7、47

>⑳ 文章に出てきていた順番のまま立式しており、「同じ数ずつ×いくつ分」という乗法の意味を理解していないと考えられる。


部報
http://h-kyouikukaikan.eco.coocan.jp/kenkyukaiHP/10sansu-e/buhou/buhou.htm
平成29年度
部報「数」150号
http://h-kyouikukaikan.eco.coocan.jp/kenkyukaiHP/10sansu-e/buhou/29buhou150.pdf
>3年の乗法の適用問題では、基準量の幾つ分かを考えて立式していないことが分かりました。

  • [2843]
  • コメント備忘録

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 7月23日(日)20時15分25秒
  • 返信
 
http://kt19551218.blog.fc2.com/?no=185

  • [2842]
  • Re: 東京新聞

  • 投稿者:りちゃぼう
  • 投稿日:2017年 7月23日(日)09時40分59秒
  • 返信
 
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2009/06/16/1234931_004_1.pdf

どうもこれのことみたいですが、その新聞が言っているのは具体的にどこのことなのかはわかりませんでした。

  • [2841]
  • 算数教育の歴史情報

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 7月13日(木)21時14分1秒
  • 返信
 
吉田光由『塵劫記』に見る算数教育の伝統と未来
鈴木 将史 2017-03-31
https://soka.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=39029&item_no=1&page_id=13&block_id=21

  • [2840]
  • 頑張れドラゴンズ

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 7月12日(水)07時09分2秒
  • 返信
 
2012年 11月 5日 中日新聞
http://8254.teacup.com/kakezannojunjo/bbs/t21/94

に続いて、今回東京新聞が記事にしたわけで、

ドラゴンズファンだという日本福祉大学・数教協の渡辺靖敏氏の心境は如何に?
http://www5b.biglobe.ne.jp/~nabe2051/chitekiseikatsu/2008.html

  • [2839]
  • 東京新聞

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 7月12日(水)07時01分11秒
  • 返信
 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017071002000116.html
2017年7月10日
2020年度の新指導要領きっかけで 「掛け算の順序」問題再演
小学校二年生で教わる「掛け算」。5×4も4×5も答えが同じ20になるのは、大人なら常識だ。しかし、学び始めの指導法によっては「式に順序がある」と教えられ、5×4は「○(まる)」でも4×5は「×(バツ)」になることがあるという。戦後、数学者、教育関係者らの間で是非論争が行われてきたこの問題が、またぞろ再燃し始めている。二〇二〇年度からの新学習指導要領の解説書に、掛け算の順序を肯定するかのような記述が盛り込まれたためだ。順序否定派からは「算数嫌いの子どもを増やしかねない」と反発の声が上がっている。


1部だけの取り寄せも出来るようです。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/backnumber.html

  • [2838]
  • コメント備忘録

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)06時56分19秒
  • 返信
 
http://kiyotaka6.exblog.jp/237076911/

  • [2837]
  • 中学校学習指導要領解説 数学

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 7月 6日(木)23時09分51秒
  • 返信
 
中学校学習指導要領解説 数学編(平成29年7月)が公開されたようです。
中学校学習指導要領解説:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1387016.htm
数学  (PDF:2944KB)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/07/04/1387018_4_2.pdf

  • [2836]
  • 「式」って「立式」?

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 7月 4日(火)21時02分35秒
  • 返信
 
https://twitter.com/i/web/status/881870941902446592

総合式で表すことを通して、( )や乗除で表されている式を1つの数として見るという見方や考え方を獲得する。

ここでの「式」は「立式」の事で、( )は「分解式」で表した時の1つの式だから「1つの数として見る」と言っているように見えますね。
だとしても、乗除を1つの数として見るのは意味不明ですがw
算数教育界wの「立式」という考えを持ち込むと、「立式」は「式」の中でも特別な位置付けなのに、「式」と説明されたら意味不明のなるのは当然ですよね。
そんな可能性もありそうです。

  • [2835]
  • Re: 実りある教育実習のために だそうです。

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 7月 2日(日)20時08分42秒
  • 返信
 
>>2831

教師にも自分にあった授業方法があると思います。
指導内容を細かく計画し、生徒の反応も細かく想定しないと上手く対応出来ない教師もいるでしょう。
何時間かでここまでを指導するという方針で、生徒の反応に合わせて臨機応変に帳尻あわせが出来、それが性に合っている教師もいるでしょう。
算数教育界wでは、前者しか考慮していない印象を持っています。

細かい指導計画はスモールステップ化に繋がり、計画段階での教師の負担も大きくなります。
その結果、授業での生徒の反応に対応する余裕が少なくなり、評価もスモールステップに順応した形でしか出来なくなりそうです。

  • [2834]
  • 教育学部の指導を垣間見る

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 7月 1日(土)13時11分59秒
  • 返信
 
教職課程の学生にみられる子どもの数理認識に関する理解
福山市立大学教育学部研究紀要   第5巻 1-10   2017年2月   [査読有り]
太田 直樹 公開日:2017-04-27
http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/fcu/detail/1208720170427195747
http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/fcu/file/12087/20170427195747/kyoiku05_01ohta.pdf
P4
図形の定義(1)(2)

>(1)長方形の定義
>(2)平行四辺形の定義
>定理と混同せず定義を理解しているかどうかを問う設問

>○正しい定義
>×定理混同、定理のみ
>×記述が不十分


正しい定義とやらを要求しているようです。


量分数の理解

>子どもは、日常の経験に影響されて、常に分割分数として考える傾向がある。その同様の設問をどのように回答するかを問う設問


分数には量分数と分割分数があるという立場のようです。
しかも、量分数の問題と分割分数の問題が明確に分けられると言っているようです。
更に、子どもの日常の経験を取り上げていますが、分数をどう教えたかが考え方を左右していると私は思うのですが、どうなんですかね。


P3
わり算の意味

>割り算の意味(等分除、包含除)の文章題を提示し、どちらが理解しやすいかを問う設問

>○;等分除
>日常で多く経験するのが等分除のため


等分除、包含除が割り算の意味と明言しています。
文章題も、等分除と包含除に明確に分けられると言っているようです。


□を使った式

>□を使った式の減法の式の中で、被減数や減数が未知数である式を提示し、どちらが誤答しやすいかを問う設問

>○:減数が未知数
>逆算をすれば解けるという解法を適用できないため


□を使った加法で、逆算すればいいと身に付いていれば当然でしょう。

算数科の教育内容のようですが、子どもはこうの筈だと決め付けない態度も養って欲しいですね。

  • [2833]
  • Re: 発言小町: 算数の文章題が分からない(続)

  • 投稿者:kankichi573
  • 投稿日:2017年 7月 1日(土)09時48分46秒
  • 返信
 
> なんか「看板に偽りあり」というか文章題がわからないことが主題じゃないような。
> センセ(と一部の回答者)よりお子さんのほうが気が回るのが問題なんではw

ちゅうか、子供に緩めてもらってるセンセ。


>一方で、息子の学力が正当に評価されていないことについては親として多少憤りも感じましたので、息子に「担任に改めて話をし、正しく採点し直してもらおうか?」と話をしましたが、息子は「点数は気にしていないから」「担任はただでさえ忙しい(若いので雑用等も多いそうです)のに、採点し直し要求するとその対応(自分の答案だけではなくクラス全員の、それもこれまで自分が誤りとされた問題全てを回収し採点し直しし配布)にも追われ、結局はクラスへの目配りが減り僕らが困る」「担任なりに一生懸命やっている(ry

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2017/0620/808627.htm?o=0&p=5


  • [2832]
  • Re: 発言小町: 算数の文章題が分からない

  • 投稿者:kankichi573
  • 投稿日:2017年 7月 1日(土)09時29分5秒
  • 返信
 
>>2828
> こちらの掲示板を時々拝見している者です。
> 発言小町掲示板の算数の文章題が分からないというトピックで様々なレスがあります。

なんか「看板に偽りあり」というか文章題がわからないことが主題じゃないような。
センセ(と一部の回答者)よりお子さんのほうが気が回るのが問題なんではw

  • [2831]
  • 実りある教育実習のために だそうです。

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 7月 1日(土)07時31分42秒
  • 返信
 
https://library.u-gakugei.ac.jp/lbhome/news/TGULNv36n2.pdf
> ①自分が意図した授業が展開できたとき、②
自分が意図した学習活動に児童・生徒が生き生
きと取り組んだとき、③(自分が意図したこと
以上に授業が深まったとき)、授業をしている
教師はこの上ない喜びを感じるものです。


この人は、自分だけじゃなく今日し一般がそうだと言っている。「児童・生徒」と言っているから、中高の教師まで含めてのことだろう。


意図したとおりの授業をするためには、指導する内容を細かく刻むことになりそう。

  • [2830]
  • まともそうなネタ

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)22時42分55秒
  • 返信
 
学習指導要領解説とか東京都算数教育研究会とか見ていると気が滅入ってきます。
そんな中、小学校段階でまともそうな等号の指導や、方程式を教えるのを見つけたので、紹介だけしておきます。

算数科における「数と計算」から「文字・文字式」への接続に関する研究 : 東アジア諸国との比較を通して
津田 真秀,黒田 恭史 京都教育大学紀要 No.130, 2017
http://ir.kyokyo-u.ac.jp/dspace/handle/123456789/8522
http://ir.kyokyo-u.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/8522/3/S007v130p59-70_tsuda.pdf


太田 直樹 - 研究者 - researchmap
http://researchmap.jp/ohta8120/

代数カリキュラムの開発と教育実践による検証 -低学年における方程式・不等式の教育実践-
太田 直樹
数学教育学会誌   55(3・4) 119-131   2015年3月   [査読有り]
http://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=80543

小学生における連立方程式解法の発達過程と教育実験の成果
太田 直樹, 守屋 誠司
数学教育学会誌   52(1) 31-47   2012年2月   [査読有り]
http://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=77159


そのうち、じっくり読みたいです。

  • [2829]
  • Re: 発言小町: 算数の文章題が分からない

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)21時16分15秒
  • 返信
 
>>2828
> こちらの掲示板を時々拝見している者です。
> 発言小町掲示板の算数の文章題が分からないというトピックで様々なレスがあります。

情報、有り難うございます。参戦しました。





(1)に関しては、教師の方がおかしいです。
(2)に関しては、円周率を3.14とすると問題文にあるから、計算でもそれを使うと解釈するのが普通でしょう。

いずれにしても、概念の理解に関しては問題ないでしょう。


(1)に関しては教師に異議を申し立ててもいいと思います。


教師が誤った認識・誤った教え方をしているのだから、それをただすための行為はみんなのためにもなるでしょう。

とはいえ、徒労に終わる可能性も大きいです。「教師がどう採点しようが、自分はちゃんと理解してる」ということが分かっていたら、それはそれで構わないという考えもあります。

どちらにすべきかは何とも言えません。

  • [2828]
  • 発言小町: 算数の文章題が分からない

  • 投稿者:39
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)11時26分56秒
  • 返信
 
こちらの掲示板を時々拝見している者です。
発言小町掲示板の算数の文章題が分からないというトピックで様々なレスがあります。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2017/0620/808627.htm?o=2


  • [2827]
  • Re: 東京都算数教育研究会

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)08時36分7秒
  • 返信
 
>>2826

>この例から分かるように、算数では「 これが絶対 」という方法が存在しない領域があります。この曖昧さが算数の魅力
の一つでもあるのですが、算数・数学では「 正しい答え 」が必ず存在するはずだという方には、「 どのやり方でも構わな
い」という考えは、たまらなく「 非常識 」に映るようです。


これもなんだかよく分からない。

算数・数学では何が正しい答えかが明確。(例外もある)
ただし、それを表現する方法は複数あり得ることがある。


>この曖昧さが算数の魅力


何に魅力を感じるかは主観であって、正しいとか間違っているとか言う類いのものではないから、この人がそう感じることは否定しないが、少なくとも私は「曖昧さが算数の魅力」とは思っていない。

  • [2826]
  • 東京都算数教育研究会

  • 投稿者:TaKu
  • 投稿日:2017年 6月26日(月)22時23分23秒
  • 返信
 
都算研 - NEWS
http://tosanken.main.jp/htdocs/
平成28年度 会報第131号
http://tosanken.main.jp/data/H28/kaihou/kaihou131.pdf
P4
第5分科会 第3学年「□ を使って場面を式に表そう 」
>授業者 葛飾区立飯塚小学校教諭 三田紀美子
>講 師 元東京都算数教育研究会会長 菅野 俊子 先生

>教科書とは乗数と被乗数の順を並び替えて、「 8人で、同じ数ずつつるをおったら、つるは全部で 32 羽になりました。」とすることで、場面や乗法の意味をしっかりとらえて立式する必要がある課題にした。

>・「 8×□ = 32 」と書く児童が多く出たのは、問題の意味把握が不十分であったからではないか。ただ問題を読むだけでなく、問題の意味をしっかりとらえさせ、問題に立ち返ることが大事である。


順序指導が有効ではないとしか思えませんが、そういう発想はしてはいけないのでしょうw


http://tosanken.main.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=139
平成26年7月発行の会報第126号
http://tosanken.main.jp/data/kaiho/kaiho126_H26-7.pdf
P4
「数学的な思考力・表現力を育てる指導の在り方」
>講師 筑波大学教授 清水美憲

>また、「かけ算、わり算はたし算、ひき算より先」というルールもなぜなのか子どもにはわからない。左から順に演算を行うと不都合が生じることを伝えるべきである。


どんな「不都合が生じる」のだろうか?
乗法は一つの数量だからとか言い出しそうですね。
これが筑波クオリティか?

  • [2825]
  • 0は倍数ではない

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月21日(水)22時55分30秒
  • 返信
 
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/06/21/1387017_4_2_1_1.pdf
p.231「2で割ったときに余りが0になる整数を偶数といい,余りが1になる整数を奇数という」「0は倍数に含めない」

  • [2824]
  • 比の値

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月21日(水)18時35分24秒
  • 返信
 
比の値を明記!!!


新指導要領解説 p65
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/06/21/1387017_4_1.pdf
>第6学年では,比の値
や比の相等,等しい比をつくることの指導を通して,図や式を用いて,比を表現
し,表現された図や式から,数量の関係を読み取って比べることができるように
する。

  • [2823]
  • 文科省が掛け算順序を公言!?

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月21日(水)18時27分1秒
  • 返信
 
近頃何かと話題の文科省
ついに掛け算順序を公言!?


学習指導要領解説
算数編 平成29年 6月
113ページ附近

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/06/21/1387017_4_1.pdf




現行版はこちら
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2009/06/16/1234931_004_1.pdf
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2009/06/16/1234931_004_2.pdf

  • [2822]
  • Re: 算数教育界wの流儀

  • 投稿者:積分定数
  • 投稿日:2017年 6月17日(土)20時17分53秒
  • 編集済
  • 返信
 
>>2821

閉区間[a,b]を定義域とする連続関数f、gがあり、f<gのとき、x=aとx=bとy=f(x)とy=g(x)で囲まれた面積がg-fをa~bの定積分になることの教科書の説明が、

0≦f<g の場合で証明して、fが負になる場合がある時は、f+c g+c という具合に全体を底上げして、0≦f+c<g+cとして 0≦f<g の場合に帰着させる

という面倒な方法を採っています。

x軸よりも下は負の面積と考えるとすればこういう回りくどいことをしなくてもいいし、積分の意味が分かっていればg-fを積分すれば面積になると分かるのですが、

直観的には理解できる危うい概念を導入するよりは、面倒くさくても既成の概念で説明する という事になっているように思います。

 


レンタル掲示板