teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:9/75 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Facebook綾部の文化財を守る会ページをご覧ください。SNS交流のお薦め

 投稿者:ホームページ委員長:鍋師 有  投稿日:2013年 4月17日(水)09時24分41秒
  通報 返信・引用 編集済
  ディスカバー イカル ツアーに参加しました
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1697.html
直ちに鳥名が判明:SNSについて考えるを綾部の文化財日誌に投稿しました。

今回の行事は、FacebookにFMいかるさんのPR記事が載り便利になりました。

綾部八幡宮境内にある綾部の古木・銘木100選に指定されている「ツブラジイ」の梢に来た鳥を撮影して、FAやませみの会(野鳥観察)の皆様に見せましたが、逆光でカメラのモニタで拡大しても黒いシルエットに見え、「いかる」ではなく「ひよどり」ではないかとのことでした。

「いかる」のさえずりを録音、見事3羽のいかるの写真をGETされた方もありました。
私も探したが見つけられませんでした。

自宅に帰り逆光で黒いシルエットの写真をガンマ補正(明度修正)すると、腹の黄色い鳥が出てきました。

Facebookに投稿するとすぐにコメントが入り鳥の名前が「キセキレイ=カワラショっピン(地方名)」と判明しました。
またFMいかるでお昼時にオンエアされた井関 悟様から、アルバムをシェアしました。「さえずりはうまく録れました。
やっぱり「お菊二十四」が一番近いように思います。お菊さんは24歳です」のコメントをいただきました。

ここでSNSの考察を行い、FB:綾部の文化財を守る会
 http://www.facebook.com/ayabebunnkazai の視聴交流に参加をお薦めします。

SNS(ソーシャル・ネットワーク・システム)と呼ばれるメディア(Facebookなど)の威力が、この例をみても実感できます。今度の選挙でネット解禁になり、どんな変化が起きるか興味深く見守りたいです。韓国では投票率が15%、若者層で20%上がったとか・・・。

Facebook綾部の文化財を守る会ページで、携帯電話・タブレットを使いこなす次世代の綾部のイベント、身の回りの文化財ニュースなどの投稿をフォロー(シェア)して、若者たちの関心を高めようとトライしています。かなりの手応えを感じる状態になりました。

FB:綾部の文化財を守る会 http://www.facebook.com/ayabebunnkazai で自由な双方向のコミュニケーション交流広場を構築し、綾部の文化交流の活性化に役立てられればと願っています。

上記Facebookページのリンクをクリックすると、会員登録・ログイン(無料)が求められます。簡単な手続きでFacebookが見られるようになります。FacebookはSNS:会員交流サイトであり、友達ネットでの「いいね!」「コメント」「シェア」「情報投稿」が、無料で自由に行えます。

交流に時間をかけたくない人は、加入しても、だだ見るだけで済ませられます。
携帯でメールを送るのとほぼ同じ手順で、身近な風景など写真付き、あるいは文だけの情報を投稿できます。
市長、府・市議、団体関係者、男女の一般市民など多数の「綾部人FB友達ネット」が存在しています。

これが友達の友達リンクで全国、世界に広がっています。一つのニュースを短時間で多数の人が見て「シェア」の形で広がっていきます。
選挙でもネット解禁の時代、一度トライされては・・・。入退会自由です。また交流する友達は自分で選んでください。(その方の友達関係一覧から判断出来ます)

逆にブログ:綾部の文化財日誌では、このように「コメント」を含めた情報の集約が出来、また参考データ「綾部八幡宮お田植え式」、「石段」、「くなどの神」などの説明リンクが可能で、ページに個別のURLがあり参照可能。データーベースとしての価値が高いです。

HP、ブログ、掲示板、FB・・それぞれのメディアの長所・短所を使い分け、関連づけ、補完する自己情報NETを構築することが重要、効果的です。

何よりも高齢化する綾部市で、若者に人気のあるインターネットを通じ、文化財・歴史という情報交流が進むことに価値と期待を見ています。

写真;
綾部の古木・銘木100選に指定されている「ツブラジイ」の梢に来た。早速5枚の写真をGET。逆光で暗く色が識別できないので、帰宅してPCでガンマ補正した写真、撮影の原寸サイズ
綾部八幡宮境内で「いかる」の鳴き声と姿を求めて待つ探鳥の一行。

http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1697.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:9/75 《前のページ | 次のページ》
/75